ヨーン・ロフツソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Iceland.svg これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヨーンで呼ばれます。

ヨーン・ロフツソン英語: Jón Loftsson1124年 - 1197年) はアイスランド南部のランガールヴェッリル英語版に位置したオッディの首長[1]オッディの眷属と呼ばれた一族郎党の一人であった。両親はロフトゥル・セームンズソンとソーラ・マグヌースドッティルである。父方の祖父はセームンドル・シグフースソン賢者セームンドル英語版)、母方の祖父は、ノルウェー王マグヌース三世マグヌース裸足王英語版)である。ヨーンは、当時のノルウェー王国王室の中心地であった、ボーフースレーン(ボーフス県英語版)のクンガヘッラ英語版で教育を受けた[2]。ヨーンはブランドゥルの娘ハルドーラと結婚し、何人もの子供を得た。

ヨーン・ロフツソンは、アイスランドにおいて当時もっとも人気の高い首長、政治家のひとりであった。彼が作った『ノルウェー列王詩英語版』は、自分がノルウェーの王族の血筋であることを語る。偉大な学者であったスノッリ・ストゥルルソンは、幼い頃に養父ヨーンに育てられ(養子制度)、彼に教育指導を受けた。1179年、ヨーンは、スカールホルト司教区の司教たちや世俗の権力者たちとの政争に加わり、「土地の争い(スタザルマール;Staðarmál)」と呼ばれた、教会の土地の支配権を巡って争う訴訟に勝利した。ヨーンの死後も、オッディにいた一族はアイスランドにおける最強の権力を誇ったが、その権力は、彼の死後間もなく、没落の兆候が見られ始めた[3][4]

出典[編集]

  1. ^ Per Norseng. “Jon Loptsson”. Store norske leksikon. 2017年6月1日閲覧。
  2. ^ Per Norseng. “Konghelle”. Store norske leksikon. 2017年6月1日閲覧。
  3. ^ Randi Wærdahl. “Snorre Sturlason”. Norsk biografisk leksikon. 2017年6月1日閲覧。
  4. ^ Oddi á Rangárvöllum”. southiceland.com. 2017年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]