ヨーロッパ言語の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨーロッパ言語の日(ヨーロッパげんごのひ、European Day of Languages)は9月26日に設定された記念日で、2001年12月6日欧州評議会が制定した。

2001年は、欧州評議会と欧州連合(EU)が共同で実施したヨーロッパ言語の年英語版であった[1]。この記念日は、ヨーロッパ全域で言語学習を推進することを目的としている。

目的[編集]

ヨーロッパ言語の日の目的は以下のものである。

ヨーロッパの言語[編集]

ヨーロッパには225の固有の言語(indigenous language)があり、これは世界の言語の約3%に相当する。ヨーロッパの言語英語版の多くは印欧祖語に由来する。18世紀末以降、(地理的でも母語話者の数でも)世界にもっとも広まったヨーロッパの言語はロシア語である。母語話者の数だけでも約1億5千万のヨーロッパ人が日常的にロシア語を使用している。次いでドイツ語(約9千5百万人)、フランス語英語(それぞれ約6千5百万人)、イタリア語(約6千万人)、スペイン語ポーランド語(それぞれ約4千万人)、ウクライナ語(約3千万人)、ルーマニア語(約2千6百万人)となっている。外国語研究に関しては、英語が現在ヨーロッパで最も人気がある外国語であり、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、スペイン語が続く。

多言語化の現在[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]