ヨーロッパ合衆国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
欧州連合
欧州連合の旗
欧州連合の政治

  

ヨーロッパ合衆国(ヨーロッパがっしゅうこく、英語:United States of Europe、USE、ドイツ語:Bundesrepublik Europa)は、ヨーロッパアメリカ合衆国のように、一つの国民国家、一つの連邦国家にしようという、いくつかの類似した欧州統合のシナリオである。

一部の政治学者政治家地理学者歴史学者未来学者によって提唱され、スペキュレイティブ・フィクションサイエンス・フィクションに登場することもある。

歴史[編集]

ヨーロッパ合衆国の概念については、数世紀にわたって様々なものが登場した。しかしそれらは個々に関係性はなく、ヨーロッパの範囲や宗教の取り扱いなど、いくつかの重要な相違点を含んでいる。 ジョージ・ワシントンラファイエットに宛てた手紙の中で、「いつの日か、アメリカ合衆国をモデルに、ヨーロッパ合衆国が出現するだろう」と書いている [1][2]

19世紀[編集]

ジュゼッペ・マッツィーニは、「ヨーロッパ合衆国」の初期の主張者の一人である。彼は青年ヨーロッパ青年イタリアを結成するなどしたイタリア統一運動の指導者の一人であり、彼にとって欧州統合は、イタリア統一運動の理論的継承であった。

「ヨーロッパ合衆国」という用語は、ヴィクトル・ユーゴーが1849年にパリで開催された国際平和議会で行ったスピーチに登場する。ユーゴーは統合に前向きであった。「いつの日にか、我々の大陸にある国家がみな一つのヨーロッパとして連合を形成する日が来るだろう...」と語っている。

イタリアの哲学者カルロ・カッターネオは「この流れは2の結末に向かう可能性がある。専制君主、あるいはヨーロッパ合衆国だ」と著書で述べている。

20世紀[編集]

第一次世界大戦の大災害を経験し、一部の思想家は再びは、統一されたヨーロッパについての考えを提案した。

1923年リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーは、欧州統合を具体的な内容で構想して示した『汎ヨーロッパ』を著しセンセーションを起こす。1926年にはウィーンで最初の汎ヨーロッパ議会を開催した。しかし、ドイツアドルフ・ヒトラーにとって汎ヨーロッパ主義は邪魔であり、1938年のオーストリア併合後彼はチェコスロバキアハンガリーユーゴスラビアイタリアを経てスイスへ逃避行。さらにフランスを本拠にするも、1940年、フランスがドイツの手に落ちるとスイス、ポルトガルを経てアメリカに逃げた。第二次世界大戦後、1947年にはヨーロッパ議員同盟(EPU: European Parliamentary Union)を創設するなど、ヨーロッパ共同体の進展に尽力した。クーデンホーフ=カレルギーの目標は特にキリスト教のヨーロッパ世界に向けられていたが、一方で、レフ・トロツキーなどは非キリスト教徒の立場共産主義ヨーロッパを目指し、1923年、「ヨーロッパ合衆国のためのソ連」というスローガンを標榜した。

1929年には、アリスティード・ブリアン仏首相が、ヨーロッパの国家の連合についての考えを提案した。

また、イギリスウィンストン・チャーチルは、1946年9月19日にスイスのチューリッヒ大学で行なった演説でヨーロッパ合衆国の創設を訴えた[3]。ただし、あまり指摘されることはないが、この演説でチャーチル自身はイギリスをヨーロッパ合衆国に含めていない考えを示した[3]。しかし結局、イギリスは1973年欧州連合(EU)に加盟し、欧州統合の流れの中に入っている。この演説はリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの協力があった[4]

脚注[編集]

  1. ^ イヴァン・T・ベレンド; イヴァン・ベレンド (2012). An Economic History of Nineteenth-Century Europe: Diversity and Industrialization. Cambridge University Press. p. 289. ISBN 9781107030701. http://books.google.com/books?id=QkL_xRYVbhwC&pg=PA289. "(quoted by Fontaine, 2001, 1)." 
  2. ^ André Fontaine (2001). Farewell to the United States of Europe: long live the EU!. openDemocracy.net. 
  3. ^ a b Winston Churchill, speech delivered at the University of Zurich, 19 September 1946”. 欧州評議会. 2013年7月29日閲覧。
  4. ^ Рихард Николас фон Куденхове-Калерги”. 汎ヨーロッパ連合 (PANEUROPA.ru). 2013年7月29日閲覧。

関連項目[編集]