ヨーロッパキイチゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨーロッパキイチゴ
Raspberries (Rubus Idaeus).jpg
ヨーロッパキイチゴ Rubus idaeus
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: キイチゴ属 Rubus
亜属 : R. (Idaeobatus)
: ヨーロッパキイチゴ R. idaeus
学名
Rubus idaeus L.
和名
ヨーロッパキイチゴ
英名
European (Red) Raspberry

ヨーロッパキイチゴ(ヨーロッパ木苺)は、バラ科キイチゴ属の1種およびその果実ラズベリーの1種であり、ヨーロピアンラズベリー (European Raspberry) ともいう。

本来英語でラズベリー、あるいはフランス語でフランボワーズと呼ばれていたのはこの種であり、多くの栽培品種がある。

概要[編集]

小アジア半島原産の落葉性低木[1]。樹高は1 - 2メートル程度。茎は丸い直立性で、無数ので覆われている。葉は5から7枚の裂片があり、柄が短く鋸歯状である。表面は滑らかだが、裏面は灰白色の和毛に覆われている。花は下垂し白色で5枚の短い花弁を持ち、6月から8月に開花する。赤もしくは琥珀色の実を付ける。

ヨーロッパキイチゴの小品種名は「idaeus」という。古代ギリシア人が紀元前1世紀にイダ山の斜面に生えていたラズベリーを発見したのが起源という伝承がある[1]。また、ギリシャ神話にはゼウスの養母イーデーが、ゼウスのためにラズベリーを摘もうとして指から血を流し、それ以来ラズベリーの実は赤くなったという逸話がある。

4世紀には古代ローマ人によってヨーロッパキイチゴの栽培が行われるようになり、ブリテン島を含めヨーロッパ各地に広まった[1]。16世紀後半には、北アメリカの植民地にもヨーロッパキイチゴの栽培品種が伝わった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ジョンソン et al. 2014, pp. 300-303.

参考文献[編集]

  • レベッカ・ジョンソン、スティーブン・フォスター、ティエラオナ・ロウ・ドッグ、デビッド・キーファー 『メディカルハーブ事典』 関利枝子、倉田真木訳、日経ナショナル ジオグラフィック社、2014年ISBN 9784863132726