ヨーク岬半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地図

ヨーク岬半島(ヨークみさきはんとう、: Cape York Peninsula)は、オーストラリア大陸北東部から突き出た半島である。半島の先端、ヨーク岬はオーストラリア大陸の北端である。その先はトレス海峡を隔ててニューギニア島クイーンズランド州に属する。ケアンズポートダグラスウィーパなどいくつかの町はあるが、半島の大部分には人は住んでいない。

地質学的には4千万年前からオーストラリア大陸がアジア大陸と分裂し、太平洋プレートとの衝突で5百万年前にニューギニア島が出来たが、ヨーク岬半島は衝突の影響を受けずに残り、地続きであった。カーペンタリア湾は内湖であったと考えられる。8千年前の海面上昇で、やっと両地域を分ける現在のトレス海峡が出来、カーペンタリア湖も湾となった。

Flattery岬の海岸砂丘

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]