ヨヴァン・ハッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨヴァン・ハッジJovan Hadži, 1884年11月22日 - 1972年12月11日)はスロベニア動物学者。現ルーマニアティミショアラ出身。

彼の職歴はザグレブで始まった。1920年にハッジはリュブリャナへ移り、リュブリャナ大学に新設された動物学部の長となった。1938年、スロベニア芸術科学アカデミー (SASA) の正会員となる。1951年から72年の期間はSASAの生物学会の代表者を務めた。[1]

業績[編集]

ハッジの動物相研究は、洞窟や山岳地帯における無脊椎動物を中心としている。彼は100以上の新しいを発見している。ハッジは活動的な洞窟探検家でもあり、1927年から45年にかけてはスロベニア洞窟探検協会 (Društvo za raziskovanje jam Slovenije) の会長を務めた。[2]

動物学への貢献により、ハッジは1956年にプレシェーレン賞を与えられた。1969年にはリュブリャナ大学から名誉博士号を贈られた。[3] 1972年、リュブリャナで没。

分類学[編集]

かつてハッジの名がよく知られていたのは、(おそらくは)動物の進化に関するその独自の理論によってであろう。彼の分類体系では、動物界は以下の6つのに分けられた。原生動物 (Protozoa) 、側生動物 (Parazoa)、無節動物("Ameria":体節を持たない動物)、少節動物("Oligomeria":2・3の体節を持つ動物)、多節動物("Polymeria":多くの体節を持つ動物)、そして脊椎動物 (Chordata) である。彼が分類において重視した数々の形質は、同時代の主流研究者たちからは重視されず、ハッジの分類体系は受け容れられなかった。[4] とは言え、その単純さにより、彼の分類体系は旧ユーゴスラビアの科学教育においては広く用いられた。

系統論[編集]

他にハッジの主要な研究としては、後生動物の起源に関する理論がある。彼は、最初の多細胞動物は現生の扁形動物と似た動物であり、それは多核の繊毛虫細胞核細胞膜で分けられる進化により生じた、と唱えた。これは構造の類似を重視した理論であるが、他の重要な特徴を軽視しており、一般には受け容れられなかった。[5] (→繊毛虫類起源説


出典[編集]

  1. ^ Umrli člani SAZU” (Slovenian). Slovenian Academy of Sciences and Arts. 2010年4月11日閲覧。
  2. ^ Zgodovina DZRJL” (Slovenian). Društvo za raziskovanje jam Ljubljana. 2010年4月11日閲覧。
  3. ^ Častni doktorji Univerze”. University of Ljubljana. 2010年4月11日閲覧。
  4. ^ Carter G.S. (1954). “On Hadži's Interpretations of Animal Phylogeny”. Systematic Zoology 3 (4): 163-173. http://www.jstor.org/stable/2411377. 
  5. ^ Kotpal R.L. (2008). “Origin of metazoa”. Modern Text Book of Zoology: Invertebrates (10th ed.). Rastogi Publications. pp. 192-193. ISBN 978-81-7133-903-7. http://books.google.si/books?id=JuuWlZ7Llb8C&pg=PA192&lpg=PA192&dq=turbellarian+had%C5%BEi&source=bl&ots=hXT7tCIiZe&sig=4PNLEYThCNQBldnKoeafM5ONfso&hl=sl&ei=G3vBS9TpGYT4OaLywJYE&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=9&ved=0CDwQ6AEwCA#v=onepage&q&f=false. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]