ヨロイモグラゴキブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨロイモグラゴキブリ
ヨロイモグラゴキブリ
ヨロイモグラゴキブリ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ゴキブリ目 Blattodea
: オオゴキブリ科 Blaberidae
: モグラゴキブリ属 Macropanesthia
: ヨロイモグラゴキブリ M. rhinoceros
学名
Macropanesthia rhinoceros
Saussure1895

ヨロイモグラゴキブリ(鎧土竜蜚蠊、英語: Giant burrowing cockroach、学名:Macropanesthia rhinoceros)はゴキブリの一種。

形態[編集]

標準和名は本種の外部形態上の特徴に因む。すなわち、「鎧を着てモグラのように土にもぐるゴキブリ」の意として、松本忠夫(東京大学教養学部教授・理学博士/当時)により命名された[1]

本種は世界で最も体重の重いゴキブリ[2]であり、 体重は最大で35g[3]、体長は最大で80mmに達する。個体によっては約10年に渡り生存するものもいる[3]。他の多くの種のゴキブリと異なり、本種は成虫になっても翅を持たない(写真参照)。

脚はいずれも太く頑強で、土を掘り進むのに適した形状となっている。オスとメスは前胸部の突起状の膨らみにより見分けることが可能である(オスは突起を持ち、メスは突起を持たない。)。 本種が脱皮したすぐの状態では、目の部分を除いて完全な白色をしている。

生態[編集]

オーストラリアクイーンズランド州熱帯地域に主に棲息する。 モグラの名前に違わず、本種は地中数十㎝~1mほどの深さに潜り、土中に巣を作る。

砂質土壌地帯に、およそ高さ5cm、直径15cmの盛り土がみられ、その下に螺旋状の坑道が穿たれている。坑道の直径は8cm、長さは1mに達し、本種が潜むのは地表から深さ40cmほどの位置。坑道が描く螺旋は大きく、多いものでは3重螺旋になっている。坑道の壁は本種により念入りな手入れがされており、非常に滑らかに仕上げられている。

面積4×8mをサンプルとした生息密度調査の結果、1平方mあたりの生息個体総体重は11gになった。

彼らは食物である落ち葉や枯れ草を巣穴に運び込み貯蔵している。このため、摂食ごとに採餌に出歩くことがなく、新たな貯蔵食物の採集や異性獲得の際以外、巣穴から全く出ない。これは本種が生息地で多数高密度で存在していながら人目に触れることが滅多に無い大きな原因となっている。またその外出も、雨期の夜間に限定されるらしい。

本種は雌雄のつがいが共同で子育てをしながら生活するという亜社会性の生態を持つことで知られる。本種は、主食とする落ち葉(主にユーカリの葉)やその他の植物質の消費者・分解者として、生態系における重要な地位を占める。本種は12~13回脱皮を繰り返すことで成長し、成虫となる。繁殖形態は卵胎生である。

子の世話は初期においては両親が、やがて母のみがおこなう。成長した仔が巣離れする時期には、同じ方向にむかうおびただしい数の「ゴキブリの行進」が起きるという。巣離れは幼虫が中令に達するとおきる。

飛翔能力を全く持たない本種は、地表を歩き回るのみで異性と出会わなければならない。フェロモンの役割が強いと考えられている。

天敵は大型のムカデやクモだと考えられている。それらは巣に侵入して、幼虫を捕食する。成虫は外骨格が硬いので殆ど被害はない。成虫は自らが背を向けて巣穴の栓になり、外敵の侵入を防ぐことがある。小型哺乳類も天敵だと考えられる。

近縁種[編集]

Geoscapheusは同じオーストラリアの南東部サバンナ地帯に生息する。ヨロイモグラゴキブリよりもやや小ぶりながら、やはりゴキブリとしては大柄で、頑強な外骨格も似通っている。

人間との関係[編集]

上記の生態からも分かる通り、本種が人間の生活圏に侵入したり生活や経済活動に悪影響を与えたりする可能性はほとんどないため、害虫とは考えられていない。生息地域のオーストラリアでは、ペットとして飼われることもある[4]

脚注[編集]

  1. ^ 松本忠夫「ヨロイモグラゴキブリの亜社会性生活」『インセクタリゥム』1989年5月号(東京動物園協会)
  2. ^ 体長世界最大はオオメンガタブラベルスゴキブリ英語版
  3. ^ a b Pet facts: giant burrowing cockroaches”. Australian Broadcasting Corporation. 2014年2月8日閲覧。
  4. ^ 高桑正敏. “愛らしいゴキブリたち”. 神奈川県立生命の星・地球博物館. 2014年2月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • Jex, A. R.; Schneider, M. A.; Rose, H. A.; Cribb, T. H. (2007). “Local climate aridity influences the distribution of thelastomatoid nematodes of the Australian giant burrowing cockroach”. Parasitology 134 (10): 1401–8. doi:10.1017/S0031182007002727. PMID 17445327. 
  • Woodman, James D.; Cooper, Paul D.; Haritos, Victoria S. (2007). “Cyclic gas exchange in the giant burrowing cockroach, Macropanesthia rhinoceros: Effect of oxygen tension and temperature”. Journal of Insect Physiology 53 (5): 497–504. doi:10.1016/j.jinsphys.2007.01.012. PMID 17374539. 
  • Brown, W.V; Rose, H.A; Lacey, M.J; Wright, K (2000). “The cuticular hydrocarbons of the giant soil-burrowing cockroach Macropanesthia rhinoceros susano(Blattodea: Blaberidae: Geoscapheinae): analysis with respect to age, sex and location”. Comparative Biochemistry and Physiology Part B: Biochemistry and Molecular Biology 127 (3): 261–77. doi:10.1016/S0305-0491(00)00212-1. PMID 11126757. 

外部リンク[編集]