ヨルン・パウル・テセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨルン・パウル・テセリン
Jeroen Paul Thesseling
Jeroen Paul Thesseling 2016.jpg
2016年
基本情報
生誕 (1971-04-13) 1971年4月13日(50歳)
出身地 オランダの旗 オランダ
ジャンル テクニカルデスメタル
プログレッシヴデスメタル

ジャズ・フュージョン
職業 ベーシスト
担当楽器 フレットレスベース
フレッテド・ベース
活動期間 1991年 -
共同作業者 オブスキュラ
ペスティレンス
サディスト
マヤン英語版
クアッドヴィウム
サラザール・トリオ
アンサンブル・サラザール
ニューフティック
公式サイト jeroenpaulthesseling.com
著名使用楽器
Warwick Thumb NT7

ヨルン・パウル・テセリンJeroen Paul Thesseling1971年4月13日 - )は、オランダ出身のミュージシャンベーシスト)。主にヘヴィメタルジャズ・フュージョンの分野で活動しており、特にドイツテクニカルデスメタルバンドオブスキュラ (Obscura)[1]、オランダのテクニカルデスメタルバンド・ペスティレンス (Pestilence)[2]、オランダ/キューバ混成グループのサラザール・トリオ (Salazh Trio)[3]のメンバーとして著名。

ワーウィックとエンドーズ契約を結んでおり[4]、同社カスタムショップの7弦ベースであるThumb NT7のフレットレスベースモデルを主に使用している[5]

略歴[編集]

ペスティレンスのライヴ。左はパトリック・マメリ (Vo,G)。2011年撮影。

テセリンは7歳の時にヴァイオリンを習い始め、楽器の演奏を始めた[6]ベースに触れたのは、1988年オランダエンスヘデアートEZ芸術学校英語版に入学してからである[6]1992年に、エンスヘデ出身のテクニカルデスメタルバンドペスティレンス (Pestilence)にベーシストとして加入、4thアルバム『Spheres』[注釈 1]1994年)に参加した[7]。ペスティレンスは、1994年に解散している[8]1995年からは、微分音の研究を始め、その結果、1999年に「Hafnium[注釈 2]、「Argon[注釈 3]が残されている。この時期に続いて、アラビアの微分音と現代音楽に触発されたテセリンは、フレットレスベースを主に使用する様になった[9]2005年に、スタジオ・グループのアンサンブル・サラザール (Ensemble Salazhar)の作品に参加した[10]。この時録音したデモテープ『Colors』は、メンバーが高品質な作品であると認めていたものの、公式にリリースされることはなかった[11]2007年から2011年の間、ドイツのテクニカルデスメタルバンド・オブスキュラ (Obscura)に加入しており、2ndアルバム『Cosmogenesis』[12](2009年)と3rdアルバム『Omnivium』[13](2011年)に参加した。また、2008年にペスティレンスが14年ぶりに再始動され、2009年よりテセリンもペスティレンスに再加入、15年ぶりにペスティレンスに参加した[14][15]。6thアルバム『Doctrine』(2011年)に参加したが、2011年に再度脱退している。また、この時期までは6弦フレットレスベースを使用していたがこの年からドイツのワーウィック製の7弦フレットレスベース[注釈 4]を使用するようになった[16][17][18]2014年後半、かつてテセリンが参加したアンサンブル・サラザールのピアニスト、ハンス・フロテンブレグと共にジャズ・フュージョングループであるサラザール・トリオを創設し[19]、最終的にキューバの著名なドラマーオラシオ・エルナンデス英語版が加入し、ラインナップが完成した。このグループは、2017年12月に1stアルバム『Circulations』をリリースした[20][21][22]2019年10月には、フュージョン/ワールド/メタルを標榜するグループ・クアッドヴィウム (Quadvium)を同じベーシストのスティーヴ・ディ・ジョルジオ英語版と共に立ち上げた[23][24][25]2020年4月末、オブスキュラに9年ぶりに再加入することが発表された[26][27][28]。更に、同年11月にはイタリアのプログレッシヴデスメタルバンド・サディスト (Sadist)に加入したことが発表された[29]

使用機材[編集]

Warwick 7弦ベース(カスタムショップ)
  • Warwick Thumb NT7 fretless Ebony fingerboard (2017)
  • Warwick Thumb NT7 fretless Snakewood fingerboard (2013)
  • Warwick Thumb NT7 fretless Ebony fingerboard (2011)
Warwick 6弦ベース
  • Warwick Thumb NT6 fretless Macassar Ebony fingerboard (1993)
  • Warwick Thumb NT6 fretless Ebony fingerboard (1991)
  • Warwick Thumb NT6 Wenge fretboard (1991)
  • Warwick Thumb NT6 fretless Asian Ebony fingerboard (1989)
  • Warwick Thumb NT6 Wenge fretboard (1989)
ライブ増幅
  • Warwick Tubepath 5.1, WCA 115 CE LW cab, WCA 115 CE LW cab (左)
  • Warwick Tubepath 5.1, WCA 115 CE LW cab, WCA 115 CE LW cab (正しい)
レコーディング用機材
  • Warwick WNJHPR40 preamps (ステレオペア)
  • DBX 160A compressors (ステレオペア)
  • Aurora Audio GTQ2 stereo preamp
  • Heritage Audio HA73X2 stereo preamp
  • Kush Audio Electra stereo parametric equalizer

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • Sadist - Firescorched (tba 2021)
  • Salazh Trio – Circulations (2017, Salazh Trio)
  • Obscura – Omnivium (2011, Relapse Records)
  • Pestilence – Doctrine (2011, Mascot Records)
  • MaYaN – Quarterpast (2011, Nuclear Blast)
  • Obscura – Cosmogenesis (2009, Relapse Records)
  • Pestilence – Spheres (1993, Roadrunner Records)

ライヴアルバム[編集]

  • Pestilence – Presence of the Past (2015, Marquee Records)

コンピレーションアルバム[編集]

  • Pestilence – Twisted Truth (2020, Warner Music Group)
  • Pestilence – Prophetic Revelations (2018, Hammerheart Records)
  • Pestilence – Reflections of the Mind (2016, Vic Records)
  • Lange Frans – Levenslied (2012, TopNotch)
  • Pestilence – Mind Reflections (1994, Roadrunner Records)

注釈[編集]

  1. ^ ファー・イースト・メタル・シンジケートからリリースされた日本盤の邦題は『スフィアーズ~存在の証明~』。
  2. ^ 72トーンの平均律の研究。
  3. ^ 18トーンの平均律の研究。
  4. ^ サブコントラF#チューニングが行われている。

脚注[編集]

  1. ^ Rivadavia, Eduardo. “Obscura”. AllMusic. 2011年12月15日閲覧。
  2. ^ Serba, John (2002年7月22日). “Pestilence”. AllMusic. 2011年12月15日閲覧。
  3. ^ Editor, Last.fm (2016年8月2日). “Salazh Trio overview Last.fm”. Last.fm. 2018年6月1日閲覧。
  4. ^ Miscellaneous”. Jeroen Paul Thesseling - fretless bass player. 2020年9月5日閲覧。
  5. ^ Instruments”. Jeroen Paul Thesseling - fretless bass player. 2020年9月5日閲覧。
  6. ^ a b Biography”. Jeroen Paul Thesseling - fretless bass player. 2020年9月5日閲覧。
  7. ^ Beller, Bryan (2010年3月9日). “Jeroen Paul Thesseling of Obscura”. Bassplayer.com. 2018年6月10日閲覧。
  8. ^ Biography - Pestilence Pestilence Official Website 2020年9月5日閲覧。
  9. ^ Larson, Eric (2007年2月28日). “Fretless Questions: Jeroen Paul Thesseling”. Fretlessbass.com. 2018年5月24日閲覧。
  10. ^ Editor, Last.fm (2008年5月27日). “Ensemble Salazhar overview Last.fm”. Last.fm. 2018年6月1日閲覧。
  11. ^ Staff, Blabbermouth.net (2008年1月21日). “Ensemble Salazhar featuring ex-Pestilence bassist - New demo recordings posted online”. Blabbermouth.net. 2018年6月10日閲覧。
  12. ^ Staff, Blabbermouth.net (2009年2月25日). “Obscura Cosmogenesis first week US sales revealed”. Blabbermouth.net. 2018年5月30日閲覧。
  13. ^ Staff, Blabbermouth.net (2011年4月6日). “Obscura Omnivium first week US sales revealed”. Blabbermouth.net. 2018年5月30日閲覧。
  14. ^ Staff, Blabbermouth.net (2009年10月29日). “Pestilence rejoined by bassist Jeroen Paul Thesseling”. Blabbermouth.net. 2018年5月30日閲覧。
  15. ^ Staff, Metalstorm.net (2009年10月30日). “Pestilence rejoined by Jeroen Paul Thesseling after 15-year hiatus”. Metalstorm.net. 2009年10月30日閲覧。
  16. ^ Amador, Valery (2011年7月1日). “Warwick releases Jeroen Paul Thesseling's 7-string fretless bass”. Bassmusicianmagazine.com. 2018年5月30日閲覧。
  17. ^ Johnson, Kevin (2011年11月17日). “Ultra Low: An Interview with Jeroen Paul Thesseling”. Notreble.com. 2018年5月24日閲覧。
  18. ^ Beller, Bryan (2012年5月11日). “Machines of Death: Four Extreme Metal Bassists Lay Out Their Weapons of Choice”. Bassplayer.com. 2018年5月26日閲覧。
  19. ^ Kennelty, Greg (2015年5月21日). “Ex-Obscura Bassist Has A New Fusion Trio Named Salazh Trio”. Metalinjection.net. 2018年5月24日閲覧。
  20. ^ Staff, Drummerszone.com (2017年12月18日). “Horacio 'El Negro' Hernández' new Salazh Trio-album”. Drummerszone.com. 2017年12月18日閲覧。
  21. ^ D'Auria, Jon (2018年4月4日). “Jeroen Paul Thesseling and the Salazh Trio Reveal Debut Album”. Bassplayer.com. 2018年5月24日閲覧。
  22. ^ Amador, Valery (2017年12月26日). “Bassist Jeroen Paul Thesseling - Salazh Trio releases debut album 'Circulations'”. Bassmusicianmagazine.com. 2017年12月26日閲覧。
  23. ^ Staff, Blabbermouth.net (2019年11月2日). “Testament and former Obscura bassists team up in Quadvium”. Blabbermouth.net. 2019年12月9日閲覧。
  24. ^ Staff, Bassmagazine.com (2019年10月31日). “Bassists Steve Di Giorgio and Jeroen Paul Thesseling create new group Quadvium”. Bassmagazine.com. 2019年10月31日閲覧。
  25. ^ Staff, Notreble.com (2019年11月3日). “Steve Di Giorgio and Jeroen Paul Thesseling announce new band”. Notreble.com. 2019年11月3日閲覧。
  26. ^ Staff, Bassmagazine.com (2020年4月29日). “Fretless bassist Jeroen Paul Thesseling rejoins Obscura”. Bassmagazine.com. 2020年4月29日閲覧。
  27. ^ Staff, Blabbermouth.net (2020年4月30日). “Bassist Jeroen Paul Thesseling rejoins Obscura”. Blabbermouth.net. 2020年4月30日閲覧。
  28. ^ Staff, Notreble.com (2020年4月30日). “Jeroen Paul Thesseling rejoins Obscura”. Notreble.com. 2020年4月30日閲覧。
  29. ^ Italian progressive death metallers SADIST work on ninth full-length album”. Sadist Official Facebook (2020年11月20日). 2020年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]