ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
Yorick van Wageningen
生年月日 (1964-04-16) 1964年4月16日(56歳)
出生地 オランダの旗 オランダユトレヒト州バールン
職業 俳優
活動期間 1989年 -
主な作品
ドラゴン・タトゥーの女』(2011年)
テンプレートを表示

ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲンYorick van Wageningen1964年4月16日 - )はオランダ俳優。 なお、「van」の本来のオランダ語での発音では「ファン」である。

略歴[編集]

1964年にオランダユトレヒト州バールンで科学ジャーナリストであるヘルトン・ファン・ヴァーヘニンゲン(Gerton van Wageningen)の息子として生まれる[1]。アクターズ・スタジオ・アムステルダムで学び、キャリアの最初の15年間はオランダフランスの舞台で活動する[2]

2000年に出演したオランダ映画Total Loss』(日本劇場未公開)が、本国オランダでは評価されなかった[3]ものの、ロサンゼルスAFI映画祭で上映されたことをきっかけに、スティーヴン・スピルバーグ監督の目に留まり、ハリウッドでも活動するようになる[2][1]。しかし、スピルバーグの招きで出演することになっていた『マイノリティ・リポート』(2002年、主演:トム・クルーズ)は、米国内での就労に関する許可が下りずに降板せざるをえなくなる[4]

その後はハリウッド映画のみならず、(オランダ以外の)ヨーロッパ映画にも出演するなど国際的に活動し、本国オランダよりも国外での知名度の方が高くなる[1]。ハリウッド進出後、しばらくの間はオランダの作品から離れていたが、2008年以降はオランダの映画やテレビドラマにも主役級で出演するようになる。

2011年の『ドラゴン・タトゥーの女』ではヒロイン・リスベット(ルーニー・マーラ)に性的関係を強要する卑劣な後見人ビュルマンを演じ、強い印象を残している[5]

私生活[編集]

2010年に地元オランダの放送局によるインタビューで、15年間に渡って薬物依存症だった過去と、依存症からの脱出について語っている[1]

主な出演作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Yorick van Wageningen” (オランダ語). RKK. 2013年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月3日閲覧。
  2. ^ a b キャスト&スタッフ”. 映画『星の旅人たち』公式サイト. 2013年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月2日閲覧。
  3. ^ Yorick van Wageningen : Bioscoopagenda Nederland” (オランダ語). Bioscoopagenda Nederland. 2013年3月3日閲覧。
  4. ^ Yorick van Wageningen - Biography” (英語). IMDb. 2013年3月2日閲覧。
  5. ^ “豚野郎への報復は、映画史上最強レベルの復讐プラン!【ドラゴン・タトゥーの女】”. 映画ニュース HotTrash.com (@nifty 映画). (2012年2月6日). オリジナルの2013年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130512135724/http://blog.movie.nifty.com/blog/2012/02/post-3957.html 2013年3月2日閲覧。 

外部リンク[編集]