ヨホイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨホイア
生息年代: 505 Ma
Yohoia.jpg
ヨホイア(旧復元図[1]
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
古生代カンブリア紀中期[2]
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: †(和訳なし) Megacheira
: ヨホイア属 Yohoia
Walcott 1912
学名
Yohoia tenuis
Walcott 1912
和名
ヨホイア


ヨホイア (Yohoia) は、カンブリア紀に生息していたバージェス動物群の1つ。大付属肢を持った節足動物Megacheira類の1属である。

形態[編集]

全長は最大23㎜、体はエビの様に細長く、頭部と14節の胴体部からなる。頭部の先端には1対の眼と4本の爪を持ったという典型的な「大付属肢」が具えている。残り全ての付属肢は鰭(ひれ)型の外肢と歩脚型の内肢からなる二叉型付属肢で、頭部に3対と、胴体部の最後の3節を除いて1節に1対ずつある。尾節は板状で、後端には棘が並んでいる[2]

生態[編集]

ヨホイアは捕食者もしくは腐肉食者と考えられている。捕爪状の大付属肢の構造は現生のシャコの様に、獲物を捕まえる機能を持ったことを示唆する[1]。残りの二叉型付属肢の外肢には繊毛状の構造が並んでいて、呼吸の機能をしているではないかと思われる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Functional morphology, ontogeny and evolution of mantis shrimp-like predators in the Cambrian
  2. ^ a b c Yohoia - Fossil Gallery - The Burgess Shale

関連項目[編集]