ヨハン・ルートヴィッヒ・ルンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハン・ルートヴィッヒ・ルンド(自画像:1828)

ヨハン・ルートヴィッヒ・ルンド(Johann Ludwig Lund、1777年10月16日 - 1867年3月3日)はホルシュタイン=ゴットルプ公領のキールに生まれのデンマークの画家である。

略歴[編集]

当時デンマーク王がホルシュタイン=ゴットルプ公を兼ねていた、ホルシュタイン=ゴットルプ公領のキールに生まれた。父親も画家で、父親から絵画を学んだ後、1797年から1799年の間、デンマーク王立美術院ニコライ・アビルゴールに学んだ。同じ頃、美術院で学んでいた、同じくドイツ系のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(1774- 1840)と親しくなった。1798年に展覧会で賞を得て、1799年からフリードリヒと、ドレスデン美術アカデミーで学んだ。1800年から1802年の間はパリに出て、ジャック=ルイ・ダヴィッドの工房や、国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)で学んだ。

1802年から1810年までイタリアに滞在し、デンマークに戻り、1814年に王立美術院の会員に選ばれた。1816年から1819年まで再びイタリアに滞在し、カッファレッリ宮殿(Palazzo Caffarelli)で行われたドイツ系の芸術家の展覧会に参加した。キリスト教美術の誠実性と精神性を取り戻そうとする「ナザレ派」の画家たちとも交流した。1819年にデンマークに戻り、王立美術院の教授に任じられた。同時期に教授を務めたクリストファー・エカスベアの画風、題材が日常的、写実的であったのに対して、より精神的、伝統的であった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Nina Struckmeyer: Lund, Johann Ludwig Gebhard, in: Bénédicte Savoy, France Nerlich (Hrsg.): Pariser Lehrjahre. Ein Lexikon zur Ausbildung deutscher Maler in der französischen Hauptstadt. Band 1: 1793-1843. De Gruyter, Berlin/Boston 2013, ISBN 978-3-11-029057-8, S. 186–188.
  • J. L. Lund im Kunstindeks Danmark & Weilbachs kunstnerleksikon (englisch/dänisch)
  • Johann Ludwig Lund. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band23: Leitenstorfer–Mander. E. A. Seemann, Leipzig 1929, S.465–466.