ヨハン・ルドルフ・ウィース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・ルドルフ・ウィース(Johann Rudolf Wyss, 1782年3月4日1830年3月21日)は、スイスベルンに生まれた作家哲学教授。

彼は、ベルンで学んだ後、ドイツに行き、テュービンゲンゲッティンゲンハレの大学で学び、その後スイスに戻り、イヴェルドンで家庭教師をした。1805年、ベルン大学で正教授となり、1827年から1830年までの期間は、同大学で上級図書館司書としても働いた。

ウィースは、以前のスイスの国歌「君よ、ヘルヴェティアを称えたまえ」 (Heil dir Helvetia) の作詞をしたことでも知られている。彼は、1811年、ゴットリープ・ヤコプ・クーン、ルートヴィヒ・マイスターと共に創刊した民俗学の年鑑「アルペンローゼ」の編集者で、さらにルドルフ・エマニュエル・シュティァリンと共に、ヴァレウス・アンセルムの『ベルン年代記』の編纂も手がけている。

しかし、最もよく知られているのは、父ヨハン・ダビット・ウィースの書いた『スイスのロビンソン』の編集者としてであろう。この本の第1巻は、1812年に刊行され、第2巻は1826年、第3巻は1827年に刊行された。

その他の著作[編集]

  • Idyllen, Volkssagen, Legenden und Erzählungen aus der Schweiz (Bern 1815-22, 2 Bände)
  • Reise in das Berner Oberland (Bern 1816-17, 2 Bände)

外部リンク[編集]