ヨハン・ヨーゼフ・シュメラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨハン・ヨーゼフ・シュメラー(Johann Joseph Schmeller、1796年7月12日 - 1841年10月1日)はドイツの肖像画家である。ヴァイマル公国の宮廷画家を務めた。ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)のためにも働き、ゲーテを描いた有名な肖像画を残したほか、ゲーテと同時代の人々の肖像画を残した。

口述筆記を行なうゲーテ(1834年)

略歴[編集]

テューリンゲンのグロスオブリンゲン(Großobringen)に生まれた。画家を志して1815年から、ヴァイマルの美術学校で、ヴァイマルの宮廷画家、フェルディナント・ヤーゲマン(Ferdinand Jagemann:1780-1820)に学んだ。ヤーゲマンが没した後、1821年からザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アウグストの意向で、アントウェルペンの美術学校(現在のArtesis Hogeschool Antwerpen)に送られて修行を続け、1824年に帰国するとヤーゲマンの仕事を継いで、宮廷画家、美術学校の教授となった[1]。ヴァイマルで晩年を過ごしていたゲーテに仕えることになった。

シュメラーのもっとも有名なゲーテの肖像画「口述筆記を行なうゲーテ」はゲーテ没後の1834年に描かれた。ゲーテを訪れた人々の多くの肖像画を残し、100点以上の肖像画がゲーテ国立博物館(Goethe-Nationalmuseum)に残されている。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Carl Ruland: Schmeller, Johann Joseph. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 31, Duncker & Humblot, Leipzig 1890, S. 636 f.

参考文献[編集]

  • Johann Joseph Schmeller. Ein Porträtist im Dienste Goethes. Klassik Stiftung Weimar, 2003. (Ausstellungskatalog)
  • Handrick, Willy: Johann Joseph Schmeller […]. Aufbau-Verlag, 1966.
  • Carl Ruland: Schmeller, Johann Joseph. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 31, Duncker & Humblot, Leipzig 1890, S. 636 f.