ヨハン・ヤーコブ・ショイヒツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
J. J. Scheuchzer
「洪水植物誌」(Herbarium deluvianum)の図版
「洪水博物館」("Museum Diluvianum")の扉絵

ヨハン・ヤーコブ・ショイヒツァー(Johann Jakob Scheuchzer、1672年8月2日1733年6月23日)は、スイス博物学者著述家である。

略歴[編集]

チューリッヒで生まれた。父親はチューリッヒ市の主任医師(Archiater)であった。チューリッヒで学んだ後、1692年にニュルンベルク近くのアルトドルフの大学で学び、1694年にユトレヒト大学から医学の博士号を得た。1696年に、チューリッヒに戻り市の医師(Poliater)となり、医師を続けながら、1710年から数学教授となった。マクギガン(Frenchman Henri McGuigan)ともにシダ類化石を発見し、その後も多くの化石を収集した。チューリッヒの物理学の教授になり、チューリッヒ市の主任医師の職とともに没する直前の1733年まで続けた。

多くの著作を行い、生涯で23冊の書籍を出版したと見積もられ、博物学の書籍や博物学の標本の採取のために行った旅行の旅行記が資料の価値が高い。自主出版で「スイス自然史の解説」("Beschreibung der Naturgeschichte des Schweitzerlandes"、3巻, Zürich, 1706–1708)を出版し、第3巻には1705年のドイツ旅行の内容が含まれる。1746年にスルーザー(Johann Georg Sulzer)によって「スイス自然史の解説とスイス山地の旅行」("Naturgeschichte des Schweitzerlandes sammt seinen Reisen über die schweitzerischen Gebirge")のタイトルで再刊された。「スイスの自然史」(Helvetiae historia naturalis oder Naturhistorie des Schweitzerlandes 3巻、Zürich, 1716–1718)は1574年のヨジアス・ジムラー(Josias Simmler)の著作、1760年グルナー(Gottlieb Sigmund Gruner)の著作とならんで、スイスの自然(山岳、河川、湖沼、鉱泉、気象、地質)に関する重要な著作である。

1704年にイギリス王立協会フェローに選ばれ[1]、王立協会の発行する学術論文誌、フィロソフィカル・トランザクションズに多くの論文を執筆した。

古生物学の分野では著書、Lithographia Helveticaの中で、化石を聖書洪水の遺骸などとして説明した。有名な例はバーデンの採石場で見つかった化石骨格がノアの大洪水で亡くなった人間の遺骨であると主張した。聖書の記述を正しいとするこの主張は1811年にフランスジョルジュ・キュヴィエがこれが、先史時代サンショウウオの化石であることを示すまで信じられた。

ホロムイソウ科(Scheuchzeriaceae)の学名ホロムイソウ属 (Scheuchzeria)の学名に弟のJohann Kaspar Scheuchzerとともに命名されている。

息子のヨハン・カスパー・ショイヒツァーハンス・スローンによって出版された、エンゲルベルト・ケンペルの『日本誌』の英語版の翻訳・編集をした人物として知られる。

参考文献[編集]

  1. ^ Library and Archive Catalogue”. The Royal Society. 2010年10月11日閲覧。
  • Claus Bernet (2003). "Scheuchzer, Johann Jakob (Jacob)". In Bautz, Traugott. Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon (BBKL): Bautz. cols. 1312–1355. ISBN 3-88309-110-3.
  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press.