ヨハン・ゲオルク・クリスティアン・フォン・ロプコヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・ゲオルク・クリスティアン・フォン・ロプコヴィッツJohann Georg Christian Fürst von Lobkowitz, 1686年8月10日 - 1755年[1]10月4日)は、オーストリアハプスブルク帝国)の貴族、軍人、陸軍元帥。神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世、皇帝カール6世、皇后マリア・テレジアの3代に仕えた。

フェルディナント・アウグスト・フォン・ロプコヴィッツ侯爵とその2番目の妻でバーデン=バーデン辺境伯ヴィルヘルムの娘であるマリア・アンナの間の息子として生まれる。オイゲン公子の麾下で軍人としての道を歩み始め、公子に従ってスペイン継承戦争墺土戦争(1716年)を戦った。1729年にナポリ駐在の陸軍少将(Generalfeldwachtmeister)となり、1732年にシチリア総督、1733年に陸軍中将、1734年に騎兵大将、同年にロンバルディアおよびパルマの総督に就任する。1739年にはトランシルヴァニア方面軍の司令官に転じ、オーストリア継承戦争中の1742年にボヘミアにおいて陸軍元帥に任命された。1743年から1746年にかけてイタリア方面の司令官として戦う一方、第二次シュレージエン戦争(1744年)が起きるとボヘミアに戻って参戦した。晩年にはハンガリーの軍司令部に配属された。1739年に金羊毛騎士団の騎士に叙任された。

1718年にカロリーネ・ヘンリエッテ・フォン・ヴァルトシュタイン(Caroline Henriette von Waldstein, 1702年 - 1780年)と結婚し、間に10人の子女をもうけた。1722年、ビリナを領していた同族の家系が途絶えたのに伴い、ビリン英語版アイゼンベルクドイツ語版の所領を相続した。また皇帝より侯(フュルスト)の称号を許され、弟系ロプコヴィッツ侯家を創設した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biographisches Lexikon des Kaiserthums OesterreichおよびAllgemeine Deutsche Biographieによる。Militair-Conversations-Lexikon, Hrsg. Hanns Eggert Willibald von der Lühe, Verlag von C. Brüggemann und Otto Wigand, Leipzig 1833 [1]およびHistorisch-biographisches Handwörterbuch der denkwürdigen, berühmten und berüchtigten Menschen aller Stände, Zeiten und Nationen, Jelmenau 1825, Band 3, Seite 462 [2]によれば、没年月日は1753年10月9日と表記されている。