ヨハン・カール・フリードリヒ・レルシュタープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・カール・フリードリヒ・レルシュタープ
Johann Carl Friedrich Rellstab
出生 1757年2月27日
死没 1813年8月19日(満56歳没)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル クラシック
職業 作曲家音楽評論家

ヨハン・カール・フリードリヒ・レルシュタープJohann Carl Friedrich Rellstab 1757年2月27日 - 1813年8月19日)は、ドイツ作曲家作家、音楽出版者、音楽評論家

レルシュタープはベルリンで活動し、ベルリンの音楽英語版会に非常に影響力のあった人物であった。

生涯[編集]

幼少期にヨハン・フリードリヒ・アグリコーラに鍵盤楽器演奏を師事し、作曲をカール・フリードリヒ・クリスティアン・ファッシュに習った。彼は1779年に父の印刷業を継ぐことになった時には、ハンブルクC.P.E.バッハの下で修業を継続しようと計画していた。音楽への興味があったため、レルシュタープは事業の方向性を音楽へ傾け、楽譜貸し出し業を開始(1783年)、楽譜出版の子会社を設立するなどした(1785年頃)。さらにその後は、楽器製作や音楽関連の備品の販売も行った。

レルシュタープの音楽作品には1曲の「テ・デウム Te Deum」、ミサ曲1曲、数多くのカンタータリートジングシュピールDie Apotheke」などがある。

彼の息子のルートヴィヒ・レルシュタープ英語版1799年-1860年)もまた音楽批評家、そして詩人であった。シューベルトはルートヴィヒの詩を基に「白鳥の歌」を作曲している。レルシュタープの長女のカロリーネ・レルシュタープ(1793年-1813年)はf‴に届く極めて広い声域で有名な歌手であった。彼女は1811年からヴロツワフで歌っており、モーツァルトの「魔笛」の夜の女王役が特によく知られていた。

外部リンク[編集]