ヨハン・カール・フライエスレーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・カール・フライエスレーベン
ヨハン・カール・フライエスレーベン
人物情報
生誕 1774年7月14日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領フライベルク
死没 1846年3月20日(満71歳没)
War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦
ザクセン王国の旗 ザクセン王国 ニーダーアウアーバッハ
出身校 フライベルク鉱山学校
ライプツィヒ大学
学問
研究分野 鉱物学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヨハン・カール・フライエスレーベン(Johann Carl Freiesleben, 1774年7月14日 - 1846年3月20日)はドイツ鉱物学者である。ザクセン鉱山局の局長を務めた。

ザクセン選帝侯領(現ザクセン州フライベルクに生まれた。1790年から1792年までフライベルク鉱山学校で学び、アブラハム・ゴットロープ・ウェルナーの指導を受けた。ここでアレクサンダー・フォン・フンボルトレオポルト・フォン・ブーフ、エルンスト・フリードリヒ・フォン・シュロトハイム (Ernst Friedrich von Schlotheim) と知り合い、学術旅行に加わった。中でもフンボルトとは終生の友人となった。

1792年から1795年の間、ライプツィヒ大学法学を学びながら、ライプツィヒ近郊の調査を行った。卒業後、フンボルトとともにサヴォワスイスの学術旅行を行い、1796年からザクセンのマリーエンベルク (Marienberg) で、1799年からヨハンゲオルゲンシュタット (Johanngeorgenstadt) で鉱山技師として働いた。

1800年にアイスレーベン鉱山の責任者に任じられ、銅鉱山の改良に関する著書を著した。その後、フライベルクなどで働き、1838年にジギムント・アウグスト・ヴォルフガング・ヘルダーの後を継いで、ザクセン鉱山局の局長に任じられた。

1817年にマールブルク大学から名誉博士号を受け、1828年にベルリン科学アカデミーの会員に選ばれた。

1846年3月、ニーダーアウアーバッハ(現ザクセン州ローデヴィッシュの一部)の黄銅鉱へ出張中に死去。鉱物フライエスレーベン鉱 (freieslebenite) に命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]