ヨハン・アドルフ (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨハン・アドルフ

ヨハン・アドルフデンマーク語:Johan Adolf;ドイツ語:Johann Adolf, 1575年2月27日 - 1616年3月31日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位1590年 - 1616年)。

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公アドルフと、その妻でヘッセン方伯フィリップの娘であるクリスティーネの三男として生まれた。父はデンマーク王フレゼリク1世の息子の一人である。ヨハン・アドルフは当初、リューベック司教領の監督者(在任1586年 - 1607年)、ブレーメン司教領の監督者(在任1589年 - 1596年)を務めていたが、二人の兄フレデリク2世フィーリプが相次いで亡くなったため、公爵位を引き継いだ。リューベックとブレーメンの司教監督者の地位は弟のヨハン・フレデリクに引き継がれた。

フレデリクは1596年、従兄であるデンマーク王フレデリク2世の娘であるアウグスタと結婚し、8人の子供をもうけた。

  • フレデリク3世(1597年 - 1659年)…シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
  • エリーザベト・ゾフィー(1599年 - 1627年)…1621年、ザクセン=ラウエンブルク公アウグストと結婚
  • アドルフ(1600年 - 1631年)
  • ドロテア・アウグステ(1602年 - 1682年)…1633年、同族のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=プレーン公ヨアヒム・エルンストと結婚
  • ヘートヴィヒ(1603年 - 1657年)…1620年、プファルツ=ズルツバッハ公アウグストと結婚
  • アンナ(1605年 - 1623年)
  • ヨハン(1606年 - 1655年)
  • クリスティアン(1609年)
先代:
フィーリプ
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
1590年 - 1616年
次代:
フレデリク3世