ヨハン・アドルフ・シャイベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・アドルフ・シャイベ

ヨハン・アドルフ・シャイベ(Johann Adolf Scheibe, 1708年5月5日 - 1776年4月22日)は、ドイツ作曲家

生涯[編集]

ライプツィヒオルガン製作者の息子に生まれる。1725年からライプツィヒ大学で法律と哲学を学んでいたが、経済上の理由で断念した。やがてオルガンチェンバロの教師となり、1929年には聖トーマス教会オルガニストを目指したが不採用だった。その後も1935年までライプツィヒで音楽教師・作曲家として活動した。

1736年ハンブルクに移動した。すぐに有力者のヨハン・マッテゾンゲオルク・フィリップ・テレマンと友人になり、2人の支援を得て1737年から『批判的音楽家』という雑誌を刊行した。

1739年デンマーク王が支配するシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公領の総督フリードリヒ・エルンスト・フォン・ブランデンブルク=クルムバッハの宮廷楽長に就任した。

1740年、フリードリヒ・エルンストの姉ソフィア・マグダレナがデンマーク王クリスチャン6世の妃だった関係で、デンマークの宮廷楽長となり、教会音楽カンタータ受難曲などを作曲した。さらにデンマーク初の音楽ソサエティーを創設するなど精力的に活動した。

その後、1749年にソンダーボルグに移住するものの、1762年に再びコペンハーゲンに戻り、そこで生涯を終えた。

作品[編集]

カンタータ、受難曲などの声楽曲のほかに、多くの協奏曲シンフォニアソナタを残している。また、フリーメイソンにも加入しており、フリーメイソンのための賛歌集も作曲している。作風はフランス音楽の影響を受けたギャラント様式である。

著書[編集]

  • 音楽、とくに声楽の起源と時代に関する論文(1754年)
  • 音楽作曲について(1773年)

批評[編集]

音楽評論家として、『批判的音楽家』でヨハン・ゼバスティアン・バッハゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルを鍵盤音楽の偉大な作曲家と評価している。1735年にはバッハの「イタリア協奏曲」に賛辞を送っている。しかし1737年にはバッハの音楽を「人工的で不自然」「混乱した様式」「過度に複雑なポリフォニー」と批判している[1]。これに対して修辞学者ヨハン・アブラハム・ビルンバウム(1702年 - 1748年)が反論し、論争となった[2]

文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]