ヨハン・アウグスト・アーペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハン・アウグスト・アーペルの肖像(リトグラフ)

ヨハン・アウグスト・アーペル(Johann August Apel、1771年9月17日 - 1816年8月9日)は、ドイツ法律家作家ライプツィヒに生まれ、同地で没した。

生涯[編集]

アーペルは、法律家で、ライプツィヒ市長も務めたハインリッヒ・フリードリヒ・インノケンティウス・アーペルHeinrich Friedrich Innocentius Apel)の末息子として生まれた。ライプツィヒのトマス校Thomasschule zu Leipzig)で学びアビトゥーア(中等教育修了資格)を得た後、1789年から1793年まで、ライプツィヒ大学ヴィッテンベルクロイコレア(当時はヴィッテンベルク大学、現在はマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクの一部)で法学を学び、1795年法学博士号を得た。ライプツィヒで弁護士として開業したアーペルは、1801年には市議会議員に選出された。

作家としてのアーペルは、当初は古典主義的なドラマを書いていたが、後には恐怖譚、幽霊譚へとどんどん傾斜していった。アーペルが有名になったのは、フリードリヒ・ラウン(Friedrich Laun)という変名を使っていたフリードリヒ・アウグスト・シュルツェ(Friedrich August Schulze)との共作であった『Gespensterbuch』(直訳では「幽霊の本」、日本語では「怪談(本)」などと紹介される)のシリーズによってであった。

台本(リブレット)作家ヨハン・フリードリヒ・キーントJohann Friedrich Kind)は、アーペルの小説『魔弾の射手 (Der Freischütz)』を原作として、カール・マリア・フォン・ウェーバーオペラ魔弾の射手』の台本を書いた。

アーペルが出版した『Metrik』は大きな学術的論争を引き起こした。このとき論争の相手となったのは、アーペルのかつての師ゴットフリート・ハーマンGottfried Hermann)であった。両者の論争が和解しないまま、アーペルは1816年8月9日にライプツィヒで没した。

アーペルの息子、テオドール・アーペルTheodor Apel)は、長じて作家となった。

著作[編集]

出典・脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]