ヨハネス・テオドール・シュマルハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Johannes Theodor Schmalhausen

ヨハネス・テオドール・シュマルハウゼンまたはイワン・フョードロヴィチ・シュマルハウゼン(Johannes Theodor Schmalhausen, ロシア語名:Иван Фёдорович Шмальгаузен、Iwan Fjodorowitsch Schmalhausen、1849年4月15日 - 1894年4月19日)はドイツ系ロシア人の植物学者、古植物学者である。遺伝学者のイワン・イワノビッチ・シュマルハウゼンの父親である。

略歴[編集]

サンクトペテルブルクで生まれた。父親はサンクトペテルブルク科学アカデミーの司書を務めた人物である。サンクトペテルブルク大学で、アンドレイ・ベケトフ(Andrej Nikolaevich Beketow)のもとで植物学を学び、植物学の論文で大学から賞を受けた。25歳から2年間、ヨーロッパ各地の大学で研究し、1877年にサンクトペテルブルクの帝室植物園の標本室の学芸員になり1878年からキエフ大学の准教授となり、後に植物学の教授、キエフ植物園の園長となった。1893年にサンクトペテルブルク科学アカデミーの会員に選ばれた。

主な研究分野は古植物学と顕花植物である。

キク科の植物の属名、Schmalhausenia献名されている。

Schmalh.は、植物の学名命名者を示す場合にヨハネス・テオドール・シュマルハウゼンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Flora Südwest-Russlands, Kiew 1886
  • Flora Mittel- und Süd-Russland, der Krim und des Nordkaukasus, Kiew 1895-1897
  • Kurzes Lehrbuch der Botanik, Kiew 1887, 2. Auflage 1899
  • Beiträge zur Kenntniss der Milchsaftbehälter der Pflanzen, 1877
  • Beiträge zur Jura-Flora Russlands, 1879.
  • Beiträge zur Tertiärflora Süd-West-Russlands, 1883.
  • Tertiäre Pflanzen der Insel Neusibirien, 1890
  • Die Pflanzenreste der artinskien und permischen Ablagerungen im Osten des Europaischen Russlands, Abhandlungen des Geologischen Komitees 1887
  • Ueber tertiäre Pflanzen aus dem Thale des Flusses Buchtorma am Fusse des Altaigebirges, Palaeontographica 1887, 181-216

参考文献[編集]

  • Schmalhausen Ivan // Brockhaus and Efron Encyclopedic Dictionary:., 86 tons (82 tonnes and 4 additional..). - St. Petersburg, 1890-1907..
  • Schmalhausen Ivan // Biologists: a biographical directory. Kiev, "Naukova Dumka", 1984. 710 pp.
  • Schmalhausen // Ivan Volkov VA, Kulikova MV Russian professors. XVIII - early XX centuries. Biological and biomedical sciences. Biographical Dictionary. St. Petersburg: RKhGI, 2003, pp 498-499.