ヨハネス・クシフィリヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨハネス・クシフィリヌスギリシア語: Ἰωάννης Ξιφιλῖνος)は、11世紀後半のコンスタンティノープルに住む修道士。カッシウス・ディオの『ローマ史』要約の作者として知られる。説教者でもあるコンスタンティノープル総主教イオアンニス8世英語版の甥[1]

『ローマ史』の要約[要リンク修正]ミカエル7世ドゥーカス(在位:1071年 - 1078年)の命令で作成されたものだったが、未完成に終わった[1]。要約は『ローマ史』の第36巻から第80巻までで構成され、グナエウス・ポンペイウスガイウス・ユリウス・カエサルの時代からアレクサンデル・セウェルスの時代まで含まれている[1]。しかし、要約では第70巻においてアントニヌス・ピウスの治世とマルクス・アウレリウス・アントニヌスの治世初期がなく、第78巻と第79巻では改ざんされた写本が使用された[1]。クシフィリヌスは要約を皇帝の治世ごとに節分けした[1]。彼は執政官の名前を省略し、一部では元の記述を変えた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Xiphilinus, Joannes" . Encyclopædia Britannica (英語). 28 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 887.