ヨックモック (コミューン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨックモック

Jokkmokks Kommun
Skyline of ヨックモック
ヨックモックの公式印章
印章
ヨックモック(コミューン)の位置(ノールボッテン県)
ヨックモック(コミューン)の位置(ノールボッテン県)
北緯66度36分17.8秒 東経19度49分57.7秒 / 北緯66.604944度 東経19.832694度 / 66.604944; 19.832694
 スウェーデン
地方 ラップランド地方
ノールボッテン県
中心地 ヨックモック
面積
 • 合計 19,334km2
 • 陸地 17,601km2
 • 水面 1,733km2
人口
(2018年)
 • 合計 5,001人
ウェブサイト www.jokkmokk.se

ヨックモックスウェーデン語: Jokkmokks kommun, 英語: Jokkmokk Municipality)は、スウェーデンラップランド地方にあるノールボッテン県コミューン基礎自治体)の1つである[1]。中心地は、ヨックモックである[2]。紋章には、青い光や赤い鍵などがデザインされている[3]

概要[編集]

総面積は 19,334 km2 であり、スウェーデンのコミューンの中で2番目に大きい[4][5]。陸地面積は 17,601 km2 である[6]

クビックヨック教会

人口は、2018年12月31日の時点で 5,001 人である[7]。2008年の調査による人口は 5,305 人であり、減少傾向にある[8]

人口推移
人口
2007年 5,406
2008年 5,305
2009年 5,210
2010年 5,170
2011年 5,119
2012年 5,086
2013年 5,066
2014年 5,086
2015年 5,072
2016年 5,105
2017年 5,081
2018年 5,001
Source: [7][8]

ヨックモックは、環境への配慮に力を入れており、ノールボッテン県の中で最初にEU市長誓約 (EU Covenant of Mayors) に署名した自治体である[9][10]。また、欧州委員会が出資する欧州インテリジェントエネルギー計画 (IEE;Intelligent Energy Europe Programme) に参加している[11]

地理[編集]

ストゥーラ・ルーレ湖

東はボーデン (sv:Bodens kommun) およびエルヴスビーン (sv:Älvsbyns kommun) と接し、西はノルウェーと接している[10]

南はアリエプローグ (sv:Arjeplogs kommun) およびアーヴィズヤール (sv:Arvidsjaurs kommun) と接し、北はイェリヴァーレ (sv:Gällivare kommun) と接している[10]

北部地域の多くの部分が、ユネスコ世界遺産に登録されているラポニア地域に含まれている[12]。国立公園には、サーレク国立公園 (en:Sarek National Park) の他に、パディエランタ国立公園 (en:Padjelanta National Park) やストーラ・ショーファレット国立公園 (en:Stora Sjöfallet National Park) がある[13][14]

主な都市[編集]

ヨックモックは、このコミューンの中心地であり[2]、400年以上の歴史をもつヨックモック・ウィンター・マーケット (sv:Jokkmokks marknad) という祭りなどで知られる[15]

ポルユス (en:Porjus) は、北極線から60キロメートルほど北上したところに位置し、オーロラが観測できることで知られ、付近にはストゥーラ・ルーレ湖 (sv:Stora Lulevatten) がある[16]

クビックヨック (en:Kvikkjokk) は、ラップランド地方で最も長い歴史をもつ自治体の1つであり、木造のクビックヨック教会 (sv:Kvikkjokks kyrka) があることでも知られる[17][18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MENTIONS 23 Jokkmokk”. スウェディッシュ・ラップランド. 2019年4月20日閲覧。
  2. ^ a b Maria Udén. “Women, the Knowledge Society and ICT Access in the Reindeer Grazing Areas”. Semantic Scholar. 2019年4月20日閲覧。
  3. ^ Jokkmokks kommunvapen”. ヨックモック. 2019年4月20日閲覧。
  4. ^ Land- och vattenarealer inkl. havsvatten den 1 januari 2013, km2 (forts.)”. スウェーデン統計局. 2019年4月20日閲覧。
  5. ^ Jokkmokk, Sweden”. European Platform On. Mobilility Management. 2019年4月20日閲覧。
  6. ^ Kommuner med störst och minst landareal 2019”. スウェーデン統計局. 2019年4月20日閲覧。
    Municipalities with the largest and the smallest land area 2019”. スウェーデン統計局. 2019年4月20日閲覧。
  7. ^ a b Folkmängd i riket, län och kommuner 31 december 2018 och befolkningsförändringar 1 oktober–31 december 2018”. スウェーデン統計局. 2019年4月20日閲覧。
  8. ^ a b Kommunfakta 2018”. ヨックモック. 2019年4月20日閲覧。
  9. ^ Feasibility study: biogas production Jokkmokk”. ヨックモック. 2019年4月20日閲覧。
  10. ^ a b c MAKING CITIES RESILIENT IN SWEDEN”. Swedish Civil Contingencies Agency. 2019年4月20日閲覧。
  11. ^ Local Energy Communities - About the Project”. LECo - Local Energy communities. 2019年4月20日閲覧。
  12. ^ Laponian Area - Map of the inscribed property”. 世界遺産センター. 2019年4月20日閲覧。
  13. ^ カルチャー、そして大自然の美しさ”. ヨックモック観光局. 2019年4月20日閲覧。
  14. ^ ヨクモック Jokkmokk”. スウェーデン観光文化センター. 2019年4月20日閲覧。
  15. ^ Jokkmokk Sámi market in Swedish Lapland – in pictures”. ガーディアン (2013年1月23日). 2019年4月20日閲覧。
  16. ^ WATCH THE NORTHERN LIGHTS IN SWEDEN”. スウェーデン. 2019年4月20日閲覧。
  17. ^ STF KVIKKJOKK MOUNTAIN STATION”. スウェーデン観光協会. 2019年4月20日閲覧。
  18. ^ Just above the Arctic Circle lays Jokkmokk.”. Jokkmokk Arctic Dream. 2019年4月20日閲覧。