ヨクナパトーファ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨクナパトーファ郡(ヨクナパトーファぐん、Yoknapatawpha County)は、アメリカの作家ウィリアム・フォークナーによって創出された架空の土地。ミシシッピ州ラファイエット郡がモデルとされる。

小説『アブサロム、アブサロム!』所収の地図によれば、同郡はアメリカ合衆国ミシシッピ州に属し、広さ2400平方マイル、人口は白人が6298人、黒人が9313人であるという。郡都はジェファーソン。この地を舞台とした作品は、『サートリス』『響きと怒り』『死の床に横たわりて』『サンクチュアリ』『八月の光』『アブサロム、アブサロム!』『征服されざる人びと』『村』『墓地への侵入者』『駒さばき』『尼僧への鎮魂歌』『町』『館』『自動車泥棒』などで、サートリス家、コンプソン家、スノープス家などの人々が繰り返し登場する。

オノレ・ド・バルザックの「同一人物再登場」の方法に学んだこれらの一連の作品は「ヨクナパトーファ・サーガ(Yoknapatawpha Saga)」と呼ばれ、日本では井上光晴大江健三郎中上健次阿部和重などの作品に、その色濃い影響が見られる。

ヨクナパトーファ郡を舞台にした小説[編集]

  • 『サートリス』"Sartoris"(1929年)
  • 響きと怒り"The Sound and the Fury"(1929年)
  • 『死の床に横たわりて』"As I Lay Dying"(1930年)
  • サンクチュアリ"Sanctuary"(1931年)
  • 八月の光"Light in August"(1932年)
  • アブサロム、アブサロム!"Absalom, Absalom!"(1936年)
  • 『征服されざる人々』"The Unvanquished"(1938年)
  • 『村』"The Hamlet"(1940年)
  • 『行け、モーセ』"Go Down, Moses"(1940年)
  • 『墓地への侵入者』"Intruder in the Dust"(1948年)
  • 『町』"The Town"(1954年)
  • 『館』"The Mansion"(1959年)
  • 『自動車泥棒』The Reivers""(1962年)

関連項目[編集]