ユ於陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「庾於陵」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

庾 於陵(ゆ おりょう、生没年不詳)は、南朝斉からにかけての官僚文人は子介。本貫南陽郡新野県

経歴[編集]

司徒主簿の庾易の子として生まれた。7歳で老荘の理を言うことができたといわれる。成長すると機知に鋭く、博学で文才に優れた。490年永明8年)、斉の隨王蕭子隆荊州刺史となると、召し出されて主簿となり、謝朓宗夬とともに群書を抜粋して編纂した。蕭子隆が建康に召還されると、於陵もまたもとの主簿として建康に送られた。494年延興元年)、蕭子隆が宣城公蕭鸞の命により殺害されると、属僚たちは禍にかかるのを恐れてやって来る者もなかったが、於陵は宗夬とともに留まって、蕭子隆の葬儀を取り仕切った。495年建武2年)、始安王蕭遙光が撫軍将軍となると、於陵は召し出されて行参軍となり、記室を兼ねた。永元末年、東陽郡遂安県令に任じられた。

梁の天監初年、建康の獄平となった。尚書工部郎に転じ、文徳殿で待詔をつとめた。湘州別駕として出向し、驃騎録事参軍に転じ、中書通事舎人を兼ねた。ほどなく南郡邑中正を兼ね、舎人のまま太子洗馬に任じられた。於陵は東宮において周捨とともに文章をつかさどった。ほどなく散騎侍郎に転じ、荊州大中正を兼ねた。舎人や中正のまま中書侍郎と黄門侍郎を歴任した。晋安王蕭綱の下で宣毅長史・広陵郡太守として出向し、宣毅府と南兗州の事務を代行したが、公務上の事件のために免官された。

通直郎として再起し、ほどなく鴻臚卿に任じられ、再び荊州大中正を兼ねた。在官のまま死去した。享年は48。文集10巻があった。

弟に庾肩吾がいる。

伝記資料[編集]