ユー・ガット・ザ・シルヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユー・ガット・ザ・シルヴァー
ローリング・ストーンズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ブリード
リリース 1969年12月5日[1]
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ(1969年2月)
ジャンル カントリー・ブルース
時間 2分50秒
レーベル イギリスの旗 デッカ・レコード
アメリカ合衆国の旗 ロンドン・レコード[1]
作詞者 ジャガー/リチャーズ
作曲者 ジャガー/リチャーズ
プロデュース ジミー・ミラー
レット・イット・ブリード 収録曲
Side 1
  1. ギミー・シェルター
  2. 「むなしき愛」
  3. 「カントリー・ホンク」
  4. 「リヴ・ウィズ・ミー」
  5. レット・イット・ブリード
Side 2
  1. ミッドナイト・ランブラー
  2. ユー・ガット・ザ・シルヴァー
  3. 「モンキー・マン」
  4. 無情の世界

ユー・ガット・ザ・シルヴァー」(You Got the Silver)は、ローリング・ストーンズ1969年に発表した楽曲。キース・リチャーズが初めて全編リード・ボーカルをとった曲として知られる[2]

概要[編集]

録音は1969年2月、ロンドンオリンピック・スタジオで行われた。ブライアン・ジョーンズが生前最後にレコーディングに参加した作品である(ただしジョーンズの弾くオートハープは極めて小さい音でミックスされている)。プロデューサーはジミー・ミラー、レコーディング・エンジニアはグリン・ジョンズ

ブートレッグ等で出回っているようにミック・ジャガーが歌ったバージョンも存在するが、リチャーズのバージョンが公式アルバムに採用されるに至った経緯についてジョンズは次のように述べている[3]

レット・イット・ブリード』の制作中にもうひとつ、わたしの無能ぶりを示す出来事があった。ジミー・ミラーと〝ユー・ガット・ザ・シルヴァー〟をミックスしていた際、ジミーがリード・ギターにリヴァース・エコーをかける案を思いついた。テープを上下反対にして逆に回し、ギターにエコーをかけ、チェンバーからの戻りを空トラックに録るという技だ。わたしは初めてだったこともあって、どちらが空トラックなのかを見誤り、ものの見事にミックのヴォーカルを消してしまった。折悪く、ミックは1万マイル彼方のオーストラリアで映画『太陽の果てに青春を』の撮影中だった。わたしは死ぬほど恥ずかしかったのだが、幸いにも、この過ちにも救いがあった。わたしたちの頼みを受けて、キースが歌ってくれることになったからだ。

1970年公開のミケランジェロ・アントニオーニの映画『砂丘』に使用された。

2008年公開のコンサート映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』のセットリストに含まれており、同コンサートのライブ・アルバム『シャイン・ア・ライト』にも収録された。

スーザン・テデスキの2005年のソロ・アルバム『Hope and Desire』の中でカバーされている。

演奏者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Rolling Stones* - Let It Bleed (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  2. ^ リチャーズがリード・ボーカルをとった作品としては、部分的には、それ以前に「昨日の出来事」や「地の塩」などがあった。
  3. ^ グリン・ジョンズ; 新井崇嗣訳 『サウンド・マン』 シンコーミュージック・エンタテイメント2016年2月22日、175頁。