ユーリ・チャイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ユーリ・チャイカ
Юрий Яковлевич Чайка
Yuriy Chaika (2015-08-11).jpg
ユーリ・チャイカ
生年月日 1951年5月21日(65歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア共和国ハバロフスク地方ニコラエフスク・ナ・アムーレ
出身校 スヴェルドロフスク法科大学(現在のウラル国立法科アカデミー
現職 ロシア連邦検事総長

在任期間 2006年6月23日 -

内閣 第1次ウラジーミル・プーチン内閣
ミハイル・カシヤノフ内閣
第1次ミハイル・フラトコフ内閣
第2次ミハイル・フラトコフ内閣
在任期間 1999年8月17日 - 2006年6月23日
テンプレートを表示

ユーリ・ヤコヴレヴィチ・チャイカロシア語: Юрий Яковлевич Чайка、ラテン文字転写の例:Yurii Yakovlevich Chaikaユーリイ・ヤーカヴリェヴィチュ・チャーイカ1951年5月21日 - )は、ロシア連邦政治家、司法官僚2006年6月23日から、ロシア連邦検事総長ニコラエフスク・ナ・アムーレ出身。

経歴・人物[編集]

1951年5月21日ロシア極東ハバロフスク地方ニコラエフスク・ナ・アムーレに生まれる。1976年スヴェルドロフスク法科大学(現在のウラル国立法科アカデミー)を卒業する。

1976年インターンを経て、イルクーツク州ウスチ=ウダ地区犯罪調査官として勤務する。その後、イルクーツク州ツルン地区副検察官となる。1979年から1984年まで、交通検察官、東シベリア運輸検察庁犯罪調査部長。1984年から1986年と、1988年から1990年まで、イルクーツク州党委員会勤務。1986年から1988年まで、イルクーツク州第一次長検事、犯罪調査部長。 1990年東シベリア運輸検察局検事。1992年イルクーツク州検事。1995年ロシア連邦次席検事総長[1]1998年8月検事総長代行。1999年司法大臣[2]2006年ウラジーミル・ウスチノフの後任として検事総長に就任する[3].

脚注[編集]

  1. ^ УКАЗ Президента РФ от 16.11.1995 N 1145 «О Чайке Ю. Я.»
  2. ^ УКАЗ Президента РФ от 17.08.1999 № 1066 «О министре юстиции Российской Федераци»
  3. ^ Юрий Чайка утверждён сенаторами в должности генпрокурора.

関連事項[編集]

先代:
ユーリ・スクラトフ
ウラジーミル・ウスチノフ
ロシア検事総長
1999年4月 - 7月
2006年 -
次代:
ウラジーミル・ウスチノフ
現職
先代:
パーヴェル・クラシェニンニコフ
ロシア法相
1999年 - 2006年
次代:
ウラジーミル・ウスチノフ