コンテンツにスキップ

ユーラシアネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Eurasianet
種別オンライン新聞
本社所在地ハリマン研究所
ウェブサイトhttps://eurasianet.org/
アメリカ合衆国

ユーラシアネットEurasianet)は、中央アジアコーカサス地方、ロシア南西アジアの国に焦点を当てたニュース、情報、分析を提供するオンライン新聞である[1][2]。以前はオープン・ソサエティ財団の中央ユーラシア・プロジェクトによって運営されていたが、2016年に分離し、独立したニュース組織となった[1][3]。現在はコロンビア大学ハリマン研究所を拠点としている[4][5]

ユーラシアネットは2007年に「キルギス革命再考」の特集ウェブサイトでEPpy賞英語版を受賞。また2011年にも月間訪問者25万人未満のベストニュースサイトとしてEPpy賞を受賞した[6][7]

参考文献

[編集]
  1. ^ a b Stephen P. Heyneman; Alan J. DeYoung (January 2004). The Challenges of Education in Central Asia. IAP. p. 78. ISBN 978-1-931576-49-9. https://books.google.com/books?id=dTJdV1ln9csC&pg=PA78 
  2. ^ Rajwant Singh Chilana (2008). Challenges for South Asian Resources and Information Services: Essays in Honour of Dr. Ravindra N. Sharma. Concept Publishing Company. p. 371. ISBN 978-81-8069-527-8. https://books.google.com/books?id=FcSKN9gnAxAC&pg=PA371 
  3. ^ Christian Crumlish (20 February 2006). The Power of Many: How the Living Web Is Transforming Politics, Business, and Everyday Life. John Wiley & Sons. p. 52. ISBN 978-0-7821-5109-1. https://books.google.com/books?id=8qU82NVCFY0C&pg=PA52 
  4. ^ “Harriman Institute on Twitter” (英語). Twitter. https://twitter.com/harrimaninst/status/789158186431483908 2017年3月7日閲覧。 
  5. ^ “Alexander Cooley on Twitter” (英語). Twitter. https://twitter.com/CooleyOnEurasia/status/789113524987498497 2017年3月7日閲覧。 
  6. ^ EPpy Awards - Past 2007 Winners”. Editor & Publisher. 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月28日閲覧。
  7. ^ EPPY Awards - 2011 Winners”. Editor & Publisher. 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月28日閲覧。

外部リンク

[編集]