ユーシャンベルジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユーシャンベルジア
ユーシャンベルジアの復元図
ユーシャンベルジアの復元想像図
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
階級なし 獣歯類 Theriodontia
亜目 : テロケファルス亜目 Therocephalia
: ?ユーシャンベルジア科 Euchambersiidae
: ユーシャンベルジア属 Euchambersia
学名
Euchambersia
Broom, 1930
  • E. mirabilis

ユーシャンベルジア (Euchambersia) は古生代ペルム紀後期の約2億4,800万年前に生息していた単弓類の絶滅した。単弓綱 - 獣弓目 - 獣歯類 - テロケファルス亜目 - ユーシャンベルジア科に属する。

特徴[編集]

この生物は、テロケファルス類のみならず、哺乳類を含んだ単弓類全体から見ても特異な形態を持っていた。その頭骨の眼窩の前には眼窩以上の大きさの窪みが存在し、その下端は発達した犬歯に向かって開いている。そして、犬歯には、縦に何条もの畝が走っていた。こういった特徴は、ウミヘビなどの毒牙と共通するものであった。つまり、眼窩前の窪みは毒腺であり、犬歯を伝って毒が相手に流れ込む様になっているのである。この事から、「mirabilis」(=ミラビリス、驚異的)という種小名が与えられている。こういった毒線を持つ生物は、単弓類の歴史上、単孔類カモノハシ(踵のケヅメ)などしか例が無い。

分布[編集]

南アフリカカルー盆地から化石が出土。

関連項目[編集]

参考文献[編集]