ユークレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユークレース
ジンバブエ、西マショナランド州、ムワミ、ロストホープ鉱山にて産出
サイズは3.0x1.6x1.6cm
分類 珪酸塩鉱物
化学式 BeAlSiO4(OH)
結晶系 単斜晶系
へき開 完全
断口 貝殻状
モース硬度 7.5
光沢 ガラス光沢
青色、無色、白色、緑色
条痕
透明度 透明、半透明
比重 3.1
屈折率 1.66
不純物 不純物として微量元素が含まれることがある
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

ユークレース(Euclase)は、 ベリリウム珪酸塩鉱物の一種(BeAlSiO4(OH))である

概要[編集]

結晶の色は非常に薄い青色から濃い青色に至り、また不純物により、無色、白色、緑色の場合がある。へき開は完全で、傾斜軸面に対して平行であり、これをルネ=ジュスト・アユイギリシャ語の簡単を意味する(εὖ)と割れるを意味する(κλάσις)をあわせユークレースという名前を提案した。完全な劈開であるため結晶が欠けやすく、宝石宝飾品としての扱いが難しい。カットする際ベリルトパーズに類似しており、それにより比重(3.1)と近い値を得ており、モース硬度も(7.5)と、緑柱石(7.5から8)と同様であり、トパーズ(8)より少し軟らかい。 主要な産地は、ジンバブエ、ブラジル、コロンビア。日本国内では、岐阜県中津川市の福岡鉱山で微細な結晶が発見されているのみ[1]

脚注[編集]

  1. ^  [1] 日本地質学会第118 年学術大会・日本鉱物科学会2011 年年会合同学術大会講演要旨集(セクションC)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]