ユルゲン・クロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユルゲン・クロイ Football pictogram.svg
Bundesarchiv Bild 183-N0625-0027, Fußball-WM, Nationalmannschaft DDR.jpg
名前
ラテン文字 Jürgen Croy
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1946年10月19日(68歳)
出身地 ツヴィッカウ
身長 190cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1965-1981 東ドイツの旗 FSVツヴィッカウ 372 (0)
代表歴
1967-1981 東ドイツの旗 東ドイツ 86 (0)
監督歴
1984-1988 FSVツヴィッカウ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユルゲン・クロイJürgen Croy, 1946年10月19日 -)は、ドイツ(旧東ドイツ)出身の元サッカー選手サッカー指導者

経歴[編集]

旧東ドイツが生んだ国際レベルの選手の一人。ディナモ・ドレスデンFCカールツァイス・イェーナ1.FCマクデブルクといった国内の強豪クラブに所属した事のない、数少ない有能な選手である。そのためUEFA主催の国際大会で活躍する機会は少なく、国際的な名声を得る事は出来なかった。しかし東西ドイツのマスコミからは190cmの長身と抜群の反射神経、高いボール処理能力を併せ持った事が認められ、同世代のゼップ・マイヤーディノ・ゾフらに匹敵する能力を持つ選手と評された。

東ドイツ代表としては1967年5月のスウェーデン戦で代表デビューを飾った。1974年にはFIFAワールドカップ・西ドイツ大会に出場、1次リーグ第3戦の西ドイツ戦における歴史的勝利に貢献、同国最高成績となる2次リーグ進出に導いた。また2年後のモントリオールオリンピックでは金メダルを獲得し、選手生活最大の成功を経験した。そして1981年5月のキューバ戦で代表を退くまで国際Aマッチ86試合に出場した。

選手生活を通じて一貫しFSVツヴィッカウでプレーを続けた。ツヴィッカウではリーグ戦通算372試合に出場、1967年と1975年に東ドイツカップ制覇に貢献した。また、1972年と1976年には東ドイツ年間最優秀選手賞を受賞した。

引退後は指導者の道へ進み、暫くはサッカークラブのコーチを務めていた。東西ドイツ統一後の1991年から2001年まではツヴィカウ市の教育文化スポーツ委員を務めた。現在はツヴィカウ商工会議所の常務を務めている。

外部リンク[編集]