ユリーカ (企業家・タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユリーカ
生誕 安田 有里(やすだ ゆり)
(1983-06-21) 1983年6月21日(35歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 上智大学卒業
職業 実業家タレント
身長 164 cm (5 ft 5 in)

安田 有里(やすだ ゆり、Yuri Yasuda, 1983年6月21日 - )は、ユリーカ (Yureeka) として知られる日本女性実業家。アート・コレクター、ティーソムリエ(英国ティー・アカデミー)、コラムニスト。 東京を拠点に、ロンドン香港で活動するソーシャライト。

東京都生まれ、ニューヨーク育ち。上智大学比較文化学部卒業[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1983年東京都に生まれる。母方の曽祖父は、大正時代の医師で歌人の樋詰正治。祖父は、通産省のトップ官僚、樋詰誠明(元中小企業庁長官、元大丸百貨店副社長。昭和の時代、二期に渡り関西経済同友会代表幹事を務めた人物)。母は詩人であり若い日に 5冊の詩集を出版している。父はアメリカ合衆国ニューヨーク市でアート関係の会社を経営している[2]

3歳のとき、父のニューヨーク赴任で渡米、14歳まで過ごした [2]インターナショナルスクール出身[3][4][5]

芸能・作家活動[編集]

学生時代からスカイパーフェクTV!の音楽番組『NOGINOGI』のナビゲーターを務めるほか、ライターやフォトグラファーとして東京のトレンド情報を海外雑誌『ELLE KOREA』『Marie Claire Russia』で記事を執筆していた。

ガルシアマルケス(現・クリスタルボール)のブランドファッションモデル、グローバルワークスモデルを務め、ガルシアマルケスではアパレルデザインも手がける。自社の業務に加え、デジタルアート作家としても初の個展「ユリーカアート」を2008年4月に東京・西麻布で開催。テレビ出演などメディアで活動、[6]ソニー・ミュージック・アーティスツに在籍していた。近年は、社長業に専念、ロンドンを中心に海外で活動している。

実業家[編集]

ワンダーリリー株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都渋谷区
設立 2007年11月16日
業種 輸入卸売業
事業内容 食品、雑貨等の輸入及び販売
ファッション・トレンド・飲食業のプロデュース
イベント企画などその他商業全般
代表者 安田有里(代表取締役社長)
外部リンク www.wonderlily.jp
テンプレートを表示

2007年、ワンダーリリー(株)設立。 ニューヨークのティー・ブランド「ハーニー&サンズ」の輸入総代理店である。[7] 2012年10月『ルイ・ヴィトン・シティーガイド2013』のために、東京・京都・パリのティー・セットをコラボレーション製作した。2013年『DEAN&DELUCA』限定の『トーキョー・ブレックファースト』を発表した。日本限定ペットボトルをナチュラルローソン等で発売した。アメリカ大使館、クリスチャン・ディオールTED等のイベント、レクサスメルセデスベンツソニーなどのノベルティグッズを製作、東京の『ペニンシュラ・ホテル』『コンラッド・ホテル』のメニューにも登場している。 [8]

同社の商品は、世界各地で自らが見つけ独占契約。「ハーニー&サンズ」は、ニューヨークのホテルのスィートルームで味わったのがきっかけで、その味に魅了されメールを送り、契約までこぎつけた。[9]

シカゴのヴォージュ・チョコレート、ルアク・コーヒー『ロス・コピ』、オーストラリアのオーガニック・ロウ・エナジーバー、ココナッツマジックなども扱っている。

2015年、ザ・ティータイム・カンパニー設立。JR名古屋タカシマヤに直営店「ハーニー&サンズ」開店。[10] 店舗デザインは、女性建築家、永山祐子による。 同年、パリのポン・デ・ザール社のブランド・アンバサダーに就任。[11]2016年、2017年、Art Fair TokyoにVIPスポンサーとして参加。アストンマーチン、クリスチャン・ディオールとのコラボレーションイベントを開催した。 2017年「SAYURI」ブランド発表。日本伝統の製品を海外で展開、日本酒、梅酒、日本茶などを手掛けている。

2017年Tokyo Art Office(TAO)設立。[12]アートフェア東京や、世界最大のアートファンドであるThe Fine Art Groupと協力体制をとっている。 コラムニストとしては、2013年からCommons & Sense誌に、アートに関するコラムを連載。Billionaire[13]やLarry’s List[14] 等様々なプラットフォームに於いて、著名なアーティストやコレクターへのインタビューや、コンテンポラリー・アートに関するエッセイを執筆している。[15]

人物[編集]

芸名はアルキメデスアルキメデスの原理を発見したときに発した「eureka(見つけた)」に由来する[16]

2008年5月にアメーバブログにて公式ブログ「YUREEKAのブログ」を開設、更新開始。同年10月に有名人部門に移行して現在のタイトル「Yureeka's Castle」にした。ブログの文章は半分が英語で綴られている。2010年6月にTwitterを開始した。2013年7月[Common&Senseにて、blog YUREEKA を開始。

ファッションは、ハイ・ブランドにこだわらず、カジュアル・ブランドも自由に取り入れて着ており、度々雑誌に取り上げられている。好きなブランドは、LOUIS VUITTONである。

趣味は、乗馬と絵画である。

幼少期から、ニューヨークのメトロポリタンミュージアムモダン・アート・ミュージアムに親しみ〔脚注:出典、common&sense,issue45〕、作家のアトリエを訪れる等アートが身近な環境で育ったため、アートでもビジネスに参入することは自然の流れであったと語っている。[17]

海外のアーティストやコレクターと親交があり、Nanjing や Schloss Mauensee等世界各地のアートを巡る旅を続けている。[18]

日本では、ベネッセ直島アートサイトを度々訪れている。

主なメディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 先輩からあなたへ 安田有里” (2017年4月8日). 2017年8月20日閲覧。
  2. ^ a b 2008年10月9日放送『笑っていいとも!』のコーナー「出たいドル!」出演時より[出典無効]
  3. ^ 2010年10月5日放送回『シンデレラ画報』(TBS)のコーナー「狩女御用達!GLGに出会えるMAP」での本人談[出典無効]
  4. ^ 2010年12月15日放送回『イチハチ2時間スペシャル』の企画「VIP以外立ち入り禁止!?金持ちしか知らない世界全部バラしちゃいます」出演時の本人談[出典無効]
  5. ^ “熊谷裕樹•若林恵•貞方邦介•中村奏二郎•ユリーカら「イチハチ」12/15出演者プロフィール一挙公開” (日本語). 無制限99円. 東京都. (2010年12月15日). http://jpop.mero.jp/tv-text_3626.html?uid=NULLGWDOCOMO 2010年12月16日閲覧。 
  6. ^ 大石, 智子 (2014年). “GQ Intelligence 2014”. 2017年8月18日閲覧。
  7. ^ Betros, Chris (2014年3月3日). “A taste of success”. Japan Today. 2017年8月20日閲覧。
  8. ^ Betros, Chris (2016年6月13日). “Anytime is tea time for Harney & Sons master blender”. Japan Today. 2017年8月20日閲覧。
  9. ^ NYから東京へ Yureeka、Harney & Sonsとの運命の出会い”. 2017年8月20日閲覧。
  10. ^ ニューヨーク生まれのティーブランド”. JR Takashimaya. 2017年8月20日閲覧。
  11. ^ Pont des Arts- Building Bridges with Wine and Art”. Japan Today (2015年11月16日). 2017年8月20日閲覧。
  12. ^ About TAO”. Tokyo Art Office. 2017年8月20日閲覧。
  13. ^ Contributors”. Billionaire. 2017年8月20日閲覧。
  14. ^ Yasuda, Yureeka (2017年4月12日). “How to Build an Art Lovers Utopia: The Story of Hideaki Fukutake”. Larry's List. 2017年8月20日閲覧。
  15. ^ Phua Gajardo, Talenia (2017年3月16日). “COLLECTOR YURI YUREEKA YASUDA TALKS ABOUT THE ART SCENE IN JAPAN”. 2017年8月20日閲覧。
  16. ^ 2008年5月20日放送『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)出演時に発言[出典無効]
  17. ^ Yuri "Yureeka" Yasuda of Wonderlily” (2016年7月19日). 2017年8月20日閲覧。
  18. ^ Yasuda, Yuri (2014年12月15日). “Visiting Mr. Uli Sigg”. 2017年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]