ジュリ・アルベアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユリ・アルベアルから転送)
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルベアル第二姓(母方の)はオレフエラです。
ジュリ・アルベアル
Yuri alvear.jpg
基本情報
ラテン文字 Yuri Alvear Orjuela
 コロンビア
生年月日 (1986-03-29) 1986年3月29日(31歳)
身長 176cm
選手情報
階級 女子70kg級
 
獲得メダル
 コロンビア
女子 柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 70kg級
2012 ロンドン 70kg級
世界柔道選手権
2009 ロッテルダム 70kg級
2013 リオデジャネイロ 70kg級
2014 チェリャビンスク 70kg級
2015 アスタナ 70kg級
テンプレートを表示

ジュリ・アルベアルスペイン語: Yuri Alvear Orejuela1986年3月29日 - )は、コロンビアバジェ・デル・カウカ県ハムンディ出身の女子柔道家[1][2][3]

来歴[編集]

最初はバレーボール陸上競技に取り組んでいたが、14歳の時に柔道の指導者に素質を見込まれたことがきっかけで柔道を始めた[4][5]。2007年にはパンナム選手権の70kg級で優勝するが、2008年の北京オリンピックでは7位だった[1]。2009年には明治大学出身の早川憲幸が指導者となった。早川によれば、他の選手と異なりアルベアルだけは時間を厳守して練習も休まずに疑問に思ったことは次々と質問しに来る熱心な選手であったという。まだ試合の駆け引きには疎い側面があったものの、原石と呼べる存在であった。ただ世界選手権まではそれほど時間がなかったことから日本式のオーソドックスな柔道スタイルではなく、アルベアルが得意にしていた双手刈朽木倒肩車などを徹底的に行使する指導が行われた。また、対戦相手を混乱させるため相手とはけんか四つになるような組み手指導も行われた[6]。その結果、世界選手権ではオール一本勝ちして、コロンビア初、南米女子としても1984年の世界選手権61kg級で優勝したベネズエラのナターサ・エルナンデス、2003年の世界選手権63kg級で優勝したアルゼンチンのダニエラ・クルコウェルに続く史上3人目の世界チャンピオンになった[6]。2010年はパンナム選手権で膝を負傷した影響もあって、世界選手権には出場しなかった。2011年の世界選手権では初戦で敗れた。2012年のロンドンオリンピックでは準々決勝で世界チャンピオンのリュシ・ドコス内股で敗れたものの、その後の3位決定戦で中国の陳飛を技ありで破って銅メダルを獲得して、柔道競技でコロンビア初のメダルを獲得することになった[1][6]。2013年の世界選手権では、2度目の優勝を飾った[7][8]。2014年の世界選手権では決勝で日本のヌンイラ華蓮小内刈で破って2年連続3度目の優勝を成し遂げた[9][10]。但し、これだけの実績を残しながらコロンビア政府からは満足な金銭的支援を受けていない。そのため、2014年からはミキハウス所属の選手となって、その支援を受けながら3ヶ月に1度は来日して、帝京大学山梨学院大学などで稽古を積んでいる。世話をしてくれた松本薫や打ち込み相手の佐俣優依とは仲が良いという[11][12]。2015年の世界選手権では3位に終わった[13]。2016年にはパンナム選手権で優勝するが、ワールドマスターズでは3位だった[14]リオデジャネイロオリンピックでは決勝まで進み日本の田知本遥に合技で一本負けを喫したものの、銀メダルを獲得した[15]。2017年のパンナム選手権では優勝した[2]

IJF世界ランキングは2720ポイント獲得で3位(17/8/7現在)[16]

主な戦績[編集]

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]