ユリウス・クラウツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユリウス・クラウツ: Julius Krautz1843年9月11日 - 1921年4月24日)は、ドイツ帝国プロイセン王国)の死刑執行人である。

1870年から1889年まで死刑執行人を務め、53人の死刑を執行した。

普仏戦争下士官として従軍して鉄十字を授与された。その後ベルリンへ行き死刑執行人に就任した。

1878年8月16日にヴィルヘルム1世の暗殺未遂事件を起こしたMax Hödelの死刑を執行した。

一回の死刑執行で300から500マルクの報酬を得ていたが、3人の死刑執行人助手の経費を引くと純利益は150マルクだった。