ユリアーネ・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
結婚直後(1795~6年頃)に描かれたアンナ・フョードロヴナ大公妃の肖像画。エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン筆。

ユリアーネ・ヘンリエッテ・ウルリケ・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルトドイツ語: Juliane Henriette Ulrike von Sachsen-Coburg-Saalfeld, 1781年9月23日 - 1860年8月15日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃コンスタンチン・パヴロヴィチ大公の最初の妻。ロシア語名はアンナ・フョードロヴナАнна Фёдоровна, Anna Feodorovna)。

ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツロイス=エーベルスドルフ伯女アウグステの三女としてコーブルクに生まれた。弟にザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世フェルディナントポルトガル王配フェルナンド2世の父)、ベルギー国王レオポルド1世、妹にケント公夫人ヴィクトリアイギリス女王ヴィクトリアの母)がいる。

コンスタンチン大公の花嫁探しをしていた女帝エカチェリーナ2世に選ばれ、わずか15歳で1796年に結婚。その9ヶ月後に女帝は亡くなった。

結婚生活は不幸だった。コンスタンチンは17歳で、粗野で子供っぽく、若い妻を惨めにさせるばかりだった。3年後の1799年、耐えられなくなったユリアーネは突然コーブルクへ帰った。間もなくロシアへ戻り、コンスタンチンと関係を修復しようとするが、うまくいかなかった。1801年、ユリアーネは浅はかな情事を起こしてコーブルクへ向かい、二度とロシアへ戻らなかった。

1808年10月、ユリアーネはエドゥアルトという男児を出産した。父親はフランスの下級貴族だった。1812年からスイスベルンに移ったユリアーネは、第2子ルイーズを出産した。父親はユリアーネの警護をしていたスイス人だった。

1814年、コンスタンチン大公がユリアーネを連れ戻すべくロシアからやってきたが、彼女は拒絶した。その年、ユリアーネはベルンの近郊エルフェナウに領地を手に入れ、ここで残りの人生を過ごすことになった。

1820年に、19年の別居を経て、コンスタンチンとの結婚が無効になった。