ユニバース (書体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユニバース

ユニバース (Univers) は、1957年にスイス人アドリアン・フルティガー (Adrian Frutiger) によってデザインされ、フランスのデュベルニ&ペニョー鋳造所から写植活字として発表されたラテン文字サンセリフ書体。日本では「スイスやオランダを連想させる書体」と言われるがそれは誤りであり[1]、欧米諸国をはじめ世界中で普通に使用されている。

エレガントかつ合理的なスタイルが特徴であり、ヘルベチカほどではないにしても、多くのシチュエーションで利用されてきた。スイス インターナショナル エアラインズドイツ銀行、日本国内の企業では三洋電機などがコーポレート・タイプ(企業の制定書体)として利用している。(Bold体、赤色のイタリック) 公共サイン表示用としての使用例では、ドイツのフランクフルト・アム・マイン国際空港などがある。

現在、ライノタイプから Univers Next という、アドリアン・フルティガー自らが監修した Linotype Univers の改良・拡張版コンピュータ用フォントが発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語ワープロ機によくセットでインストールされていたビットストリーム社の「Swiss 721」「Dutch 801」との混同があると思われる。また、ユニバースのビットストリーム社での別名が「チューリヒ」であるため、そこからスイスを連想しても不思議ではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]