ユニオン・ホール・ストリート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Union Hall Street
Union Hall Street Station Facade (Southwest).jpg
以前のユニオン・ホール・ストリート駅、現在のヨーク・カレッジ (CUNY)の入口の正面
基本情報
住所 クイーンズジャマイカ
Archer Avenue & Union Hall Street
座標 北緯40度42分10秒 西経73度47分49秒 / 北緯40.70278度 西経73.79694度 / 40.70278; -73.79694座標: 北緯40度42分10秒 西経73度47分49秒 / 北緯40.70278度 西経73.79694度 / 40.70278; -73.79694
路線 本線:
モントーク支線英語版:
詳細情報
開業 1890年6月24日
休止・廃止 1905年(または1911年)、1976年
改築 1913年、1929-1931年
電化 1905年8月29日
過去名 New York Avenue
次の停車駅
前の駅   MTA NYC logo.svg ロングアイランド鉄道   次の駅
ジャマイカ駅 本線および
モントーク支線英語版
(現在または過去の所在地)
キャナル・ストリート駅

ユニオン・ホール・ストリート駅: Union Hall Street)とはかつてアメリカ合衆国ニューヨーククイーンズジャマイカにあるヨーク・カレッジのユニオン・ホール・ストリートに存在したロングアイランド鉄道 (LIRR) 本線である。

歴史[編集]

駅がニューヨーク・アベニュー: New York Avenue)(現在のガイ・R・ブリューワー・ブルバード)に1890年6月24日、アトランティック・アベニュー・ラピッド・トランジット英語版の各駅停車がウッドヘブン・ジャンクション駅英語版からジャマイカ駅を通ってロッカウェイ・ジャンクション駅へ延伸した際に開業した[1]。その駅は1905年に閉鎖されたが、サットフィン・ブルバードにあるジャマイカ駅の再開に関する苦情を受けて(主にジャマイカの商業地区の中心 (downtown core) がユニオン・ホール・ストリートの周辺、「オールド・ジャマイカ」 ("Old Jamaica") の敷地に形成されたため)、LIRRは新しいそれを1ブロック離れたユニオン・ホール・ストリートに1913年、ジャマイカ駅を通る線路が立体交差化された際に開業した。ユニオン・ホール・ストリート駅は「オールド・ジャマイカ駅」 ("Old Jamaica Station") の敷地付近に建設され、当初は地平駅であったが最終的には1929年と1931年の間に高架化された。

より新しいジャマイカ駅の建築はサットフィン・ブルバード周辺での商業的開発 (commercial development) をもたらし、その新駅はジャマイカにおける主要なLIRRの駅となった。最終的にはユニオン・ホール・ストリートの後援 (patronage) はサットフィン・ブルバード駅に近い(約半マイル)ことから下火となった。ユニオン・ホールは1976年に閉鎖されたと考えられるが、近年駅舎によく似た装飾的な壁 (decorative wall) が旧ユニオン・ホール・ストリート駅であった橋を跨ぐように置かれた[1]。駅が閉鎖された12年後、ユニオン・ホール・ストリート付近の交通ニーズ (transportation needs) は旧駅から西に2ブロックの場所にあるジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー地下鉄駅で補っているが、これはより正確には旧ユニオン・ホール・ストリート駅のためというよりも、1ブロック北のジャマイカ・アベニュー英語版にあった旧160丁目高架英語版鉄道駅の代替駅であった。

イメージ・ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]