ユッタ・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Pix.gif ユッタ・ミュラー
Jutta MÜLLER
Figure skating pictogram.svg
Bundesarchiv Bild 183-C0110-0014-002, Gabriele Seyfert.jpg
左がミュラー (右は実娘のガブリエル・ザイフェルト)
基本情報
代表国: 東ドイツの旗 東ドイツ
生年月日: (1928-12-13) 1928年12月13日(89歳)
出生地: ケムニッツ

ユッタ・ミュラードイツ語 Jutta Müller 、1928年12月13日 - )は、旧東ドイツ出身の女性フィギュアスケートコーチ。娘は1968年グルノーブルオリンピック女子シングル銀メダリストのガブリエル・ザイフェルト

経歴[編集]

当初はドイツ語とスポーツの教師をしていた。 その後、1949年に女子選手二人組によるペアスケート[1]の選手として東ドイツフィギュアスケート選手権で優勝。1955年以降、コーチとしてスケーターの指導をしている[2]

2004年に世界フィギュアスケート殿堂入りをしている。

コーチとして[編集]

ミュラーは実娘のガブリエル・ザイフェルトを始めとして、東ドイツで数多くのトップスケーターを指導した。これまでに指導してきた選手は以下の通りである

男子シングル[編集]

女子シングル[編集]

ユッタ・ミュラー(左)とカタリナ・ヴィット1988年(右)

脚注[編集]

  1. ^ 当時は第二次世界大戦終戦直後だっため、男子選手が不足していた。
  2. ^ Jutta Müller (ドイツ語)

外部リンク[編集]