ユソン (ピュイ=ド=ドーム県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Usson
Blason ville fr Usson (Puy-de-Dôme).svg
Usson JPG01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
(arrondissement) イソワール郡
小郡 (canton) ブラサック=レ=ミーヌ小郡
INSEEコード 63439
郵便番号 63490
市長任期 ダニエル・ジロー[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays de Sauxillanges
人口動態
人口 267人
2012年
人口密度 49人/km2
地理
座標 北緯45度31分42秒 東経3度20分24秒 / 北緯45.5283333333度 東経3.34度 / 45.5283333333; 3.34座標: 北緯45度31分42秒 東経3度20分24秒 / 北緯45.5283333333度 東経3.34度 / 45.5283333333; 3.34
標高 平均:m
最低:394m
最高:633m
面積 5.43km2
Ussonの位置(フランス内)
Usson
Usson
テンプレートを表示

ユソンUsson)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューンフランスの最も美しい村に登録されている。

地理[編集]

ユソンの村は、アリエ川を見下ろす、かつての火山の頂上にしがみつくようにしてある。

歴史[編集]

ユソン城は宰相リシュリューの命令で取り壊されたが、それより前の1585年から1605年まで、王妃マルグリット・ド・ヴァロワの幽閉場所となっていた。

15世紀に作成された図面によれば、ユソンの要塞は堂々とした恐るべきものだった。リシュリューが、中央政府に対する脅威だとユソン要塞をみなしたことが理解できる。城のモットーは『裏切り者と歯の守護』であった。言い換えれば、このような難攻不落の要塞は、裏切り者や飢餓よりも恐ろしい別の危険をはらんでいた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
192 168 178 183 188 194 248 267

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

目を見張るような過去を持つユソンは、古い要塞の三重の囲い地の遺構だけでなく、15世紀から16世紀の住宅やロマネスク様式の教会を保存している。

ユソンの山は標高639mに達する。聖母マリア像は、飛行士の守護の目的で山の頂上に建てられた。山の上からはシェーヌ・デ・ピュイ、サンシー山、リヴラドワ=フォルズ山地の景色を眺めることができる。山に登る途中では、柱状の玄武岩を見ることができる。

脚注[編集]