ユゼフ・カレンバハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユゼフ・カレンバハ

ユゼフ・ヘンリク・カレンバハJózef Henryk Kallenbach, 1861年11月24日 - 1929年9月12日)はポーランド文学史家。

生涯[編集]

ルヴフの、ヤン・ドウゴシュpl:Jan Długosz)の名前を冠した古いタイプの第四ギムナジウムを卒業する。

1904年からルヴフ大学、のちヤギェウォ大学にて、ポーランド文学史の教授、フライブルク大学ワルシャワ大学ヴィリニュス大学、のちクラクフ大学で教授を務め、また Akademia Umiejętności のメンバー。

クラクフチャルトリスキ博物館と図書館の館長をつとめた。ヴィリニュス大学から名誉博士号を授与されたことがある。

ポーランド分割前のポーランド文学ロマンティシズムについての講義を行った。ルヴフでは、アダム・ミツキェヴィチジクムント・クラシンスキpl:Zygmunt Krasiński)、ユリウシュ・スウォヴァツキpl:Juliusz Słowacki)についての研究を行った。もっと古い時代のポーランド文学についての著作も含んでいる。

クラクフで亡くなり、ルヴフのリチャキウシキー墓地ウィチャクフ墓地)(en:Lychakivskiy Cemetery)に埋葬されている。

著作[編集]

  • Les humanities polonais, 1891
  • Ad. Mickiewicz, 2巻, 1897

関連項目[編集]

外部リンク[編集]