ユゼス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Uzès
Blason d'Uzès.svg

Uzès5.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) ガール県Blason département fr Gard.svg
(arrondissement) ニーム郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 30334
郵便番号 30700
市長任期 ジャン=リュック・シャポン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays d'Uzès
人口動態
人口 8 552人
2010年
人口密度 337人/km2
住民の呼称 Uzétiens
地理
座標 北緯44度00分48秒 東経4度25分14秒 / 北緯44.0133333333度 東経4.42055555556度 / 44.0133333333; 4.42055555556座標: 北緯44度00分48秒 東経4度25分14秒 / 北緯44.0133333333度 東経4.42055555556度 / 44.0133333333; 4.42055555556
標高 平均:167m
最低:49m
最高:274 m
面積 25.41km2 (2 541ha)
Uzèsの位置(フランス内)
Uzès
Uzès
公式サイト www.uzes.fr
テンプレートを表示

ユゼスUzès)は、フランスオクシタニー地域圏ガール県コミューン

地理[編集]

ユゼスは32km北西のアルル、40km東のアヴィニョン、そして25km南のニームを結んで形成される三角形の中に位置する。まちはブドウ畑、オリーブ畑、そしてギャリグに囲まれている。

まちはウールの泉のある小さな谷を見下ろしている。ローマ時代にウールの水源はニームに供給されていた。水は、50kmにも及ぶ水道橋、ポン・デュ・ガールによって都市へもたらされていた。

交通[編集]

交通網から遠く離れ、ユゼス駅はまちの中心から約1.5kmの西側にある丘陵にあったが、現在は廃止されている。しかしまちはニーム、アレス、アヴィニョンやルムーランからのバス路線が通じている。

歴史[編集]

1890年に撮影されたユゼスの朝市

ユゼスの誕生は、ウールの泉からニームへと水を供給したポン・デュ・ガールの建設と一致する。ユゼスには5世紀からフランス革命まで、カトリックの司教座が置かれていた。司教座は1817年のコンコルダートで廃止された。続いて子爵領、1486年には伯爵領となり、1565年には公爵領となった。まちはユグノー戦争カミザールの乱に巻き込まれている。

1795年から1800年、まちはサン=フィルマンという、1793年の国勢調査で人口187人の集落を併合していた。革命時代にサン=フィルマンは一時的にフィルマン=レジュゼス(Firmin-les-Uzés)と改名していた。ユゼス自身も名称が変えられ、ユゼス=ラ=モンターニュ(Uzès-la-Montagne)と呼ばれていた。1800年から1926年までユゼスは郡庁所在地となっていた。

経済[編集]

ドイツの食品会社ハリボーの工場がある。スペインカンゾウ栽培文化が一帯で広まっている。

史跡[編集]

ユゼスは芸術と歴史のまちに指定され、16世紀や18世紀の見事なファサードや大邸宅のある中心部はよく保存されている。狭い石畳の通りは中世に遡る。エルブ広場は、プラタナスの木陰、アーケードを持つ住宅に囲まれ、真ん中には噴水が置かれている。

  • ユゼス城[1] - 他に類を見ない封建時代の3つの塔を備える。多様な様式を備えた複合建築
  • サン=テオドリ聖堂 - 17世紀から19世紀。ロマネスク様式の塔を備える。
  • 新教教会 - ユグノー戦争中、ユゼスにある教会10箇所が破壊された。当時のユゼスはフランス王国第5のユグノー都市であった。17世紀に廃墟から再建されたが、この時代のユグノーたちは投獄やガレー船の漕ぎ手に強制徴用されるのを恐れて信仰を隠した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2009年
5649 6851 7078 7525 7649 8007 8339

参照元:1962年までEHESS[2]、1968年からINSEE[3][4]

出身者[編集]

脚注[編集]