ヤン・ベドジフ・キットル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤン・ベドジフ・キットル
Jan Bedřich Kittl
Jan Bedřich Kittl.png
基本情報
生誕 1806年5月8日
 チェコ オルリーク
死没 (1868-07-20) 1868年7月20日(62歳没)
ポーランドの旗 ポーランド レシュノ
ジャンル クラシック
職業 作曲家

ヤン・ベドジフ・キットルJan Bedřich Kittl[注 1] 1806年5月8日 - 1868年7月20日)は、チェコ作曲家

生涯[編集]

オルリーク英語版に生まれた[1]プラハで法律を修めた後、ヴァーツラフ・ヤン・トマーシェクに師事し音楽を学ぶ。1843年から1864年にかけてはプラハ音楽院で学長を務めた。

キットルはオペラによって名声を獲得し、プラハで大きな成功を収めた。他にも室内楽曲、歌曲、4曲の交響曲を残しており、中でも交響曲 変ホ長調『Lovécka[注 2]は広く演奏されている。

ポーランドレシュノにて没。

オペラ[編集]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ ドイツ語名のヨハン・フリードリヒ・キットル(Johann Friedrich Kittl)でも知られる。
  2. ^ 交響曲第2番『Jagdsinfonie』 作品8、1838年。

出典

参考文献[編集]

外部リンク[編集]