ヤン・ファン・デル・フーフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jan van der Hoeven

ヤン・ファン・デル・フーフェン(Jan van der Hoeven、1801年2月9日 - 1868年3月10日)は、オランダ動物学者である。主著の『動物学ハンドブック』("Handboek der Dierkunde" 1827–1833)はドイツ語英語に翻訳された。爬虫類哺乳類昆虫、原始的な脊索動物までを簡明に解説した。

略歴[編集]

ロッテルダムの裕福な商人の家に生まれた。1819年にライデンに移り、1822年の物理学、1824年に医学の学位を得た。パリで暮らした後、ロッテルダムで家庭医として働いた。1826年にライデン大学の動物学と鉱物学の教授に任じられた。ドイツロマン主義に影響を与えたヨハン・ゴットフリート・ヘルダーやオランダ文芸復興運動のウィレム・ビルデルデイク(Willem Bilderdijk)に尊敬し、影響を受けた。

19世紀までに、科学の分化、専門化が進んだなかで、ファン・デル・フーフェンは古いタイプの科学者でゼネラリストであった。専門的、理論的でなかった。1834年に博物学生理学の雑誌を創刊した。中等教育のための生物学の教科書を執筆したが、ライデン大学でラテン語で講義を行った最後の教授の一人である。1860年に大学を退職した。1858年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人に選ばれた。1864年にラテン語の生物学の教科書、"Philosophia Zoologica"を執筆した[1] 。、

Hoevenは、植物の学名命名者を示す場合にヤン・ファン・デル・フーフェンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • Anonym 1867-1868: [Hoeven, J. van der] Proc. Linn. Soc. London 1867-68 CX-CXI
  • Anonym 1868 [Hoeven, J. van der] Ann. Mag. Nat. Hist. (6), London [1](4)
  • Osborn, H. 1952 A Brief History of Entomology Including Time of Demosthenes and Aristotle to Modern Times with over Five Hundred Portraits. Columbus, Ohio, The Spahr & Glenn Company.
  • Lubach, D. (1868) Jan van der Hoeven geschetst door. In: Album der Natuur, p. 161-165.