ヤン・パネンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤン・パネンカ
Jan Panenka
生誕 1922年7月8日
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア プラハ
死没 (1999-07-12) 1999年7月12日(77歳没)
 チェコ プラハ
学歴 プラハ音楽院
レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ヤン・パネンカ (Jan Panenka, 1922年7月8日 - 1999年7月12日)は、チェコピアニスト

経歴[編集]

プラハ生まれ。プラハ音楽院フランティシェク・マクシアーンに師事。ついでレニングラード音楽院パーヴェル・セレブリャーコフに学んだ。1944年にプラハでデビューコンサートを行っている。1951年のスメタナ国際コンクールで第1位を獲得、注目を集めた。1972年にはベートーヴェンのピアノ協奏曲の演奏で国家賞を受賞している。

彼の演奏は落ち着いた内省的な性格が強く、多くの人がソリストに求める一種のけれん味が希薄で、派手さに欠けるため、その本領が発揮されるのは室内楽の分野であると見られている。特に1957年以降は、スーク・トリオの一員として幾多の演奏を行っており、スメタナ四重奏団ともしばしば共演している。1980年に指の故障から指揮者に転向するというニュースもあったが、数年後にピアニストとしての活動を再開した。日本へは1959年の初来日以来たびたび訪れており、霧島音楽祭では講師を務めた。

参考文献[編集]

  • 佐野公男『演奏家 WHO'S WHO』音楽之友社、音楽之友社(原著1991年7月30日)、p. 190。
  • 佐川吉男『ピアニスト名盤500』音楽之友社、音楽之友社(原著1997年11月1日)、p. 255。ISBN 4-276-96043-6

脚注[編集]