ヤン・ガルバレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤン・ガルバレク
Jan Garbarek
Jan Garbarek Wikipedia.jpg
ベルギー・ハッセルト (2007年)
基本情報
生誕 (1947-03-04) 1947年3月4日(71歳)
出身地  ノルウェー オスロ
ジャンル ジャズ
職業 サックス奏者
担当楽器 ソプラノサックステナーサックスフルート
活動期間 1966年 -
レーベル ECMフライング・ダッチマン
公式サイト www.garbarek.com

ヤン・ガルバレクJan Garbarek 1947年3月4日 - )は、ノルウェーオスロ出身のジャズサクソフォーン奏者。主にソプラノ、テナーサックスを使用し、フルートも演奏する。娘は、シンガーソングライターアンニャ・ガルバレクである。

バイオグラフィ[編集]

1947年、オスロ近郊のミューセンにて、ポーランド人の元・戦争捕虜の父チェスワフ・ガルバレク (Czesław Garbarek) と、農家の娘の母との間に生まれる。

元々は音楽に興味のない少年だったが、14歳の時に偶然ラジオで聴いたジョン・コルトレーンの「Countdown」に衝撃を受け、サックス奏者を目指す。

1960年代末期より、ボボ・ステンソンテリエ・リピダルアリルド・アンダーセンヨン・クリステンセンといった、北欧のミュージシャンらとレコーディングを重ねる。

1970年代後半、キース・ジャレットらとヨーロピアン・クァルテットの活動を行う。

1993年古楽及び現代音楽を得意とする声楽グループ、ヒリヤード・アンサンブルグレゴリオ聖歌をレコーディングしたアルバム『Officium』が大ヒットした。

ECMレコード設立初期より参加しており、現在もレーベルの代表的なミュージシャンの1人として活躍している。

多数の自己名義アルバムを出す他、レーベル内の他奏者とのコラボレーションも多い。また、ECMニューシリーズにも幾つかの作品を残している。

演奏スタイル[編集]

ジョン・コルトレーンに影響を受けサックスを始めたという事もあり、キャリア初期はフリーキーでアヴァンギャルドな演奏が多数見られる。

中期はフリージャズを基調としながらも、耽美的、禁欲的なスタイルが見られるようになる。また、スカンジナビアインド音楽といったエスニック的な要素を取り入れるようになる。

近年はアドリブを極力抑えたミニマルなスタイルである。このスタイルはしばしば、ジャズではなくアンビエントニューエイジと言われることもある。

非常に特徴的な音色を持つ。特に、独特の透明感を持つソプラノ・サックスの音色は他に類を見ない。カーブドソプラノ・サックスを使用している。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

1960年代
  • ヤン・ガルバレク・トリオ&カルテット名義, Til Vigdis (1967年 NJF)
  • エソテリック・サークル - Esoteric Circle (1969年 Flying Dutchman)
1970年代
1980年代
  • Eventyr(1980年12月録音)(ECM) 1981年
  • Paths, Prints(1981年12月録音)(ECM) 1982年
  • ヤン・ガルバレク・グループ名義, Wayfarer(1983年3月録音)(ECM) 1984年
  • ヤン・ガルバレク・グループ名義, It's OK To Listen To The Gray Voice(1984年12月録音)(ECM) 1985年
  • オール・ゾーズ・ボーン・ウィズ・ウィングズ - All Those Born With Wings(1986年7月録音)(ECM) 1987年
  • レジェンド・オブ・ザ・セブン・ドリ-ムズ - Legend Of The Seven Dreams(1988年録音)ECM) 1988年
  • アグネス・ビュエン・ガルノスと共同名義, Rosensfole(1988年録音)(ECM) 1989年
1990年代
2000年代

参加アルバム[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]