ヤンママ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公園子供と遊ぶヤンママ。2008年撮影。

ヤンママは、おもに十代など若くして妊娠・出産し、いわゆるヤンキーのファッションを身に纏いながら子育てをする母親を指す俗語。1994年に注目された流行語のひとつ[1]

概要[編集]

1993年12月にはコミック誌『ヤンママコミック』が創刊されたが、そこでは「ヤンママ」には、「つっぱりを表す「ヤンキー」という言葉と、「ヤング」の二つの意味が込められている」と説明されていた[2]。同誌は、「ヤンママ」は、編集長だった田村恵子による造語であるとしていた[3]。同誌はその後、一時は公称15万部の規模に達したが、1997年夏に休刊した[4]

1994年春には、雑誌『ヴューズ』が4月27日号で「ヤンママが変! 子ども大変!!」という特集を組み[5]、秋には、ヤンママを主人公にした斉藤由貴主演のテレビドラマ福井さんちの遺産相続』が放送された[3][6]。年末には「新語・流行語トップテン」のひとつに「ヤンママ」が選ばれた[1]

ヤンママは、派手な服装と茶髪が特徴とされ[3]、しばしば貧困とも結び付けられて論じられた[7]

ヤンママを扱った作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “[よみうり寸評]見知らぬ女性にいきなり裸の赤ちゃんを手渡したヤンママ”. 読売新聞・東京夕刊: p. 1. (1994年12月2日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ “応援しますヤンキー・ヤングママ 「交流の場に」コミック誌創刊”. 朝日新聞・朝刊: p. 17. (1993年12月6日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b c 田中啓介 (1994年10月10日). “公園デビューに茶髪が揺れる ヤンママたちの憂鬱(リポート・社会)”. AERA: p. 54  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ 田中啓介 (1998年1月12日). “ヤンママ、孤独な子育て(カナリアの歌:9)”. 朝日新聞・朝刊・神奈川  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “[雑誌情報]「ヴューズ」4月号特集「ヤンママが変! 子ども大変!!」ほか”. 読売新聞・東京夕刊: p. 2. (1994年4月9日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  6. ^ 田中啓介 (1994年8月5日). “斉藤由貴 「福井さんちの遺産相続」のヤンキーママ役(登場)”. 朝日新聞・夕刊: p. 15  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ 久田恵 (1996年3月8日). “貧しいヤンママにエール(チャンネル)”. 朝日新聞・夕刊: p. 15  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧