ヤロスラヴリ旅客機墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Дмитрий Медведев на месте крушения Як-42Д.jpeg
事故現場となったヴォルガ川に訪れ献花する
ドミートリー・メドヴェージェフ大統領
事故の概要
日付 2011年9月7日
概要 操縦ミス[1]
現場 ロシアの旗 ロシア ヤロスラヴリ州 ヤロスラヴリ近郊のヴォルガ川
北緯57度33分07秒 東経40度07分16秒 / 北緯57.55194度 東経40.12111度 / 57.55194; 40.12111座標: 北緯57度33分07秒 東経40度07分16秒 / 北緯57.55194度 東経40.12111度 / 57.55194; 40.12111
乗客数 37[2]
乗員数 8[2]
死者数 44[3][4]
生存者数 1[2][3]
機種 ヤコヴレフ Yak-42D
運用者 ヤク・サービス
機体記号 RA-42434[5]
出発地 ロシアの旗 ロシア ヤロスラヴリ州
トゥノシナ空港
目的地  ベラルーシ ミンスク
ミンスク第1空港
テンプレートを表示

ヤロスラヴリ旅客機墜落事故(ヤロスラヴリりょかくきついらくじこ)は、ロシアの首都モスクワに拠点を置くチャーター便専門会社であるヤク・サービスが運行しているYak-42Dが、2011年9月7日に墜落した事故である。

事故機はプロアイスホッケーチーム「ロコモティフ・ヤロスラヴリ」がミンスク・アリーナで行われる予定であった「HCディナモ・ミンスク」とのKHL開幕戦の遠征にチャーターした。事故機はトゥノシナ空港を離陸滑走後、上昇せず滑走路先にあった進入灯に接触し[6]、約1キロメートル離れた地点に現地時間16時05分墜落した[7]。この事故により選手やコーチなどスタッフを含む乗客36名と乗員7名がその場で死亡、選手であるアレクサンドル・ガリモフ整備士の2名が救助された。その後整備士は回復したものの、ガリモフは9月12日朝に搬送先の病院で死亡し、事故による犠牲者は44人となった[4][8]

国際アイスホッケー連盟会長であるルネ・ファゼルは「我々のスポーツ史の中で最も暗い日[9]」とコメントし、この事故によりロコモティフ・ヤロスラヴリはKHLリーグ2011-12シーズンの参加取り消しを表明[10]した。代わりに2011年12月に開催予定であるKHLリーグに次ぐロシアン・メジャーリーグ(VHL)に参加し、自動的にプレーオフに進出することが決定した[11][12]

事故[編集]

事故当日、9月7日のトゥノシナ空港の天候は良好であった。風向360°から11km/h。視程11km。層積雲があり、その下限990m、気温17.8℃であった[6]。ヤク・サービス9633便は滑走路05へ、誘導路5から進入し後方に300メートル (980 ft)残した地点から離陸滑走を始めた。滑走路全長は3,000メートル (9,800 ft)であり、2,700メートル (8,900 ft)の地点からの離陸滑走となった。

9633便は滑走路05からの離陸に失敗し、滑走路末端からおよそ450メートル先にある進入灯に接触した[6]国家間航空委員会の事故報告書では「230キロメートル毎時 (120 kn)まで加速するが離陸に失敗した[6]。そのまま滑走し続け、滑走路末端から400メートル (1,300 ft)の地点で機首上げが行われた[6]。事故機が上昇したのは、地表から僅か6メートル (20 ft)までだった。」と報告された[6]。接触後、滑走路末端から約1キロの地点[1]の、ヴォルガ川合流地点から200メートル手前のトゥノシナ川川岸へと墜落した。墜落の衝撃により尾翼部と胴体部分に分解し[13]、尾部は川へ胴体は対岸の陸地へと飛散しており[14]、その残骸は滑走路末端からおよそ2キロメートルに位置していた[15] 。なお乗組員は墜落までに管制官に対し何らかの問題が発生したとの連絡は一切行っていなかった[16]

矢印が墜落地点。滑走路は右側が05、左側が23となる。
機体後部の残骸

報道によると、事故機は滑走路を最大限に利用し滑走するが離陸高度離陸高度[要説明]を得られなかった[13]。滑走路末端を地上数メートルで飛行し、タワー[注 1]直前において機首上げ操作が行われている映像がタワーに備え付けられた監視カメラに録画されている[17]。目撃者は、事故機は障害物に接触後に炎に包まれたと説明しており[18]、墜落地点が離陸方向と異なるのは接触により左に旋回しながら地面に激突したためとしている[19]。別の目撃者は墜落寸前にエンジンが静かであったと証言している[20]。その他報道によれば墜落前に木に接触した痕跡が見られた[21]

事故原因[編集]

2011年11月2日、国家間航空委員会は「パイロットが足元にあるブレーキペダルの操作を誤ったことが直接の原因」という結論に達した事をジャーナリストらに発表した[1]

メーデー!:航空機事故の真実と真相シリーズ10「LOKOMOTIV HOCKEY TEAM DISASTER」によれば、機長・副操縦士共にベテランパイロットであったがYak-40の操縦をメインとしていて、Yak-42の操縦時間は僅かであり、訓練も不十分だった。その上、副操縦士は神経系の病気を患っていて感覚が鈍くなっていた。Yak-40とYak-42ではブレーキペダルの形状が違っており、副操縦士がYak-40に乗っている感覚でブレーキペダルに足を置いていたところYak-42ではブレーキがかかってしまい、しかも前述の障害もあってそれに気づかないまま離陸滑走を始めてしまったのでV1を越え、滑走路をオーバーランしても離陸できず操縦席内は混乱に陥ってしまった。機長はこの時点で離陸中止を試みたが、機長の上司に当たる副操縦士がこれに激怒(ボイスレコーダーには副操縦士が機長を怒鳴りつける声が記録されていた)、機長は逆らえず、再度離陸を試みた。

事故機は辛うじて離陸できたが、その過程で機首を上げた姿勢になっていたので充分な揚力を得ることができず、障害物に接触して墜落してしまった。

航空機[編集]

2006年9月に撮影された事故機。RA-42434

事故機であるヤコヴレフYak-42D、製造番号4520424305017は1993年に初飛行を行い、オーレル・エア・エンタープライズにデリバリーされている。その後センター・アビア、エアロ・レント・フリートの運用を経て、ヤク・サービスによって運行されていた[22]。アビアポート分析官代表によれば、Yak-42は36年の耐用年数を元に設計されており、残り60%程の期間を残していた。しかしこの数値は民間航空に於いて古いかどうかを表し、航空機の運用に適しているかを決定する耐空証明の様なものでは無い[23]ロシア運輸省の副運輸相は事故機に搭載された3つのエンジンの内のいずれかを事故前月に交換していると述べ[24]、2011年末にはオーバーホールのため運行スケジュールから外される予定であった[25]

また、当日のコールサインはЯрославль42434(ヤロスラブリ42434)であった。

ヤク・サービスは2009年、その耐空性と安全面などを不安視されており欧州委員会によって調査されている。この調査によりロシア政府当局はヤク・サービスに対する運行制限を課し、国際的な検査基準に合格するよう指示している[26]2010年にヤク・サービスは欧州空域の飛行を禁止されており、ロシアの運輸省は5月18日、ヤク・サービスに対し欧州空域の飛行禁止を命じ、2010年8月11日に当局によって解除されている。この解除措置に対し欧州委員会はこれで安全措置が取られたと満足せず、ヤク・サービスが運行する2機(登録番号RA-87648及びRA-88308)の欧州空域の飛行禁止を継続している[27]

乗員・乗客名簿[編集]

ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省によれば乗員8名、乗客37名が名簿に記載されており、この内選手であるアレクサンドル・ガリモフと、乗員である整備士のアレクサンドル・シーゾフの2名が生存し[28] 、43名の遺体が事故現場から回収されている[29]

目撃証言によると生存者2名は救出時に激しくショックを受けていたが、意識があったことが証言されている[29]。2名は治療のためモスクワに緊急搬送され[30]急性ストレス障害を避けるため医学的に昏睡状態に置かれた。しかし、9月12日ガリモフが搬送先であるヴィシネフスキー外科研究所にて死亡[31]。同日シーゾフは危篤状態を回避したと考えられ、集中治療室から一般病棟に移され[32]、その後退院した[1]

選手[編集]

ホームスタジアムのアリーナ2000でロウソクを灯すロコモティフ・ヤロスラヴリのファン
パボル・デミトラ選手に哀悼の意を表すスロバキアファン。ブラチスラヴァにある競技場入り口にて
ヤン・マレク、カレル・ラチュネック・ヨーゼフ・バシチェックの死を悼むプラハに集まったチェコファン。
選手名 年齢 国籍 ポジション
ビタリ・アニケヤンコ
Vitaly Anikeyenko
24 ロシアの旗 ロシア ウクライナ ディフェンス
ミハイル・バランジン
Mikhail Balandin
31 ロシアの旗 ロシア ディフェンス
ゲンナジー・チュリロフ
Gennady Churilov
24 ロシアの旗 ロシア センター
パボル・デミトラ
Pavol Demitra
36 スロバキアの旗 スロバキア センター
ロベルト・ディートリッヒ
Robert Dietrich
25 ドイツの旗 ドイツ ディフェンス
アレクサンドル・ガリモフ
Alexander Galimov
26 ロシアの旗 ロシア 左ウィンガー
マラト・カリムリン
Marat Kalimulin
23 ロシアの旗 ロシア ディフェンス
アレクサンドル・カラーニン
Alexander Kalyanin
23 ロシアの旗 ロシア 右ウィンガー
アンドレイ・キルキン
Andrei Kiryukhin
24 ロシアの旗 ロシア 右ウィンガー
ニキータ・キュルキン
Nikita Klyukin
21 ロシアの旗 ロシア センター
ステファン・リヴ
Stefan Liv
30  スウェーデン ゴールテンダー
ヤン・マレク
Jan Marek
31  チェコ センター
セルゲイ・オスタプチュク
Sergei Ostapchuk
21  ベラルーシ 左ウィンガー
カレル・ラチュネック
Karel Rachůnek
32  チェコ ディフェンス
ルスラン・サレイ
Ruslan Salei
36  ベラルーシ ディフェンス
マキシム・シュヴァーロフ
Maxim Shuvalov
18 ロシアの旗 ロシア ディフェンス
カールリス・スクラスティンス
Kārlis Skrastiņš
37  ラトビア ディフェンス
パベル・スヌリニスン
Pavel Snurnitsyn
19 ロシアの旗 ロシア フォワード
ダニイル・ソブチェンコ
Daniil Sobchenko
20 ロシアの旗 ロシア ウクライナ センター
イヴァン・トカチェンコ
Ivan Tkachenko
31 ロシアの旗 ロシア 左ウィンガー
パベル・トラハーノフ
Pavel Trakhanov
33 ロシアの旗 ロシア ディフェンス
ユーリ・ウリチェフ
Yuri Urychev
20 ロシアの旗 ロシア ディフェンス
ヨーゼフ・バシチェック
Josef Vašíček
30  チェコ センター
アレクサンドル・バイショノフ
Alexander Vasyunov
23 ロシアの旗 ロシア 左ウィンガー
アレクサンドル・ビウキン
Alexander Vyukhin
38 ロシアの旗 ロシア ウクライナ ゴールテンダー
アルチョム・イヤルチョク
Artem Yarchuk
21 ロシアの旗 ロシア 左ウィンガー

チームスタッフ[編集]

選手名 年齢 国籍 役職
ブラッド・マックリモン
Brad McCrimmon
52 カナダの旗 カナダ ヘッドコーチ
アレクサンドル・カルポーツォフ
Alexander Karpovtsev
41 ロシアの旗 ロシア アシスタントコーチ
イゴール・カロイエフ
Igor Korolev
41 ロシアの旗 ロシアカナダの旗 カナダ アシスタントコーチ
Yuri Bakhvalov 内科医 マッサージ心理療法士
Aleksandr Belyaev 用具係 マッサージ心理療法士
Nikolai Krivonosov 31  ベラルーシ フィットネスコーチ
Yevgeni Kunnov マッサージ心理療法士
Vyacheslav Kuznetsov ロシアの旗 ロシア マッサージ心理療法士
Vladimir Piskunov 52 ロシアの旗 ロシア 管理者
Yevgeni Sidorov ロシアの旗 ロシア コーチアナリスト
Andrei Zimin チームドクター

乗員[編集]

氏名 役職
アンドレイ・ソロメンチェフ
Andrei Solomentsev
機長
イゴール・ジヴェロフ
Igor Zhivelov
副操縦士
ウラジーミル・マチューシン
Vladimir Matyushin
航空機関士
アレクサンドル・シーゾフ
Alexander Sizov
整備士、乗客乗員で唯一の生存者
Nadezhda Maksumova 客室乗務員
Sergei Zhuravlev 客室乗務員
Elena Sarmatova 客室乗務員
Elena Shavina 客室乗務員

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 電波塔とも“Russia's Lokomotiv ice hockey team in air disaster”. BBC. (2011年9月7日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-14822582 2011年11月23日閲覧。 

出典[編集]

  1. ^ a b c d “ヤロスラヴリ航空機事故 パイロットの操作ミスが原因”. VOR ロシアの声. (2011年11月2日). http://japanese.ruvr.ru/2011/11/02/59775692.html 2011年11月2日閲覧。 
  2. ^ a b c “Крушение самолета Як-42 в Ярославской области”. Ministry of Emergency Situations. (2011年9月7日). オリジナルの2012年1月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120117182230/http://www.mchs.gov.ru/news/detail.php?ID=509581 2011年9月7日閲覧。 
  3. ^ a b “Full list of people on board of crashed Yak-42”. Russia Today. (2011年9月7日). http://rt.com/news/yaroslavl-plane-crash-hockey-043 2011年9月7日閲覧。 
  4. ^ a b 露旅客機事故の死者44人に ホッケー選手、全員死亡”. MSN 産経ニュース (2011年9月12日). 2011年9月13日閲覧。
  5. ^ RA-42434
  6. ^ a b c d e f “Як-42 RA-42433 07.09.2011”. 国家間航空委員会 事故報告書. オリジナルの2011年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110923151103/http://www.mak.ru/russian/investigations/2011/yak-42_ra-42434.html 2011年11月27日閲覧。 
  7. ^ ロシア旅客機墜落事故 写真特集”. 時事通信 (2011年9月7日). 2011年9月11日閲覧。
  8. ^ ヤロスラヴリのホッケーチーム「ロコモチフ」追悼式典各地で”. The Voice of Russia (2011年9月7日). 2011年9月11日閲覧。
  9. ^ “Yaroslavl plane tragedy”. Kontinental Hockey League. (2011年9月7日). http://en.khl.ru/news/2011/9/7/24152.html 2011年9月7日閲覧。 
  10. ^ Grigory Sysoey (2011年9月10日). “Russia's Lokomotiv ice hockey team to miss season after air disaster”. RIA Novosti. 2011年9月10日閲覧。
  11. ^ На совещании в Кремле решили: "Локомотив" с декабря начнёт играть в ВХЛ” (ロシア語). Sovetsky Sport (2011年9月12日). 2011年9月12日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ KHL’s new Lokomotiv won’t play this season”. Red Light (2011年9月12日). 2011年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月12日閲覧。
  13. ^ a b Kaminiski, David (2011年9月8日). “Yak-42 failed to gain height and hit beacon: ministry”. FlightGlobal. http://www.flightglobal.com/articles/2011/09/08/361743/yak-42-failed-to-gain-height-and-hit-beacon-ministry.html 2011年9月8日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ “Нелетная страна” (ロシア語). Rosbalt. (2011年9月8日). http://www.rosbalt.ru/federal/2011/09/07/887454.html 2011年9月8日閲覧。 
  15. ^ Accident description”. Aviation Safety Network. 2011年9月8日閲覧。
  16. ^ Earle, Jonathan (2011年9月9日). “News Feed: Lokomotiv Yaroslavl Plane Crash”. Moscow Times. http://www.themoscowtimes.com/news/article/news-feed-lokomotiv-yaroslavl-plane-crash/443431.html 2011年9月15日閲覧。 
  17. ^ “Last second Yak-42 were recorded on video” (Russian). NTV. (2011年9月8日). http://www.ntv.ru/novosti/238742/ 2011年9月8日閲覧。 
  18. ^ Maloveryan, Yuri (2011年9月7日). “Russia's Lokomotiv ice hockey team in air disaster”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-14822582 2011年9月9日閲覧。 
  19. ^ Hradecky, Simon (2011年9月12日). “Crash: Yak Service YK42 at Yaroslavl on Sep 7th 2011, failed to climb on takeoff”. The Aviation Herald. http://avherald.com/h?article=4428da13&opt=0 2011年9月14日閲覧。 
  20. ^ “Poor-quality fuel emerges as possible cause in fatal Russian jet crash”. The Globe and Mail. (2011年9月8日). http://www.theglobeandmail.com/news/world/asia-pacific/poor-quality-fuel-emerges-as-possible-cause-in-fatal-russian-jet-crash/article2157869/ 2011年9月8日閲覧。 
  21. ^ “Выживший бортинженер пытался спасти пилота” (ロシア語). NTV. (2011年9月8日). http://www.ntv.ru/novosti/238746/ 2011年9月8日閲覧。 
  22. ^ Яковлев Як-42Д Бортовой №: RA-42434” (ロシア語). russianplanes.net. 2011年9月8日閲覧。
  23. ^ “Разбившийся Як-42 израсходовал 40% летного ресурса, сообщили эксперты” (ロシア語). Moscow: RIA Novosti. (2011年9月7日). http://ria.ru/inquest/20110907/431930474.html 2011年9月7日閲覧。 
  24. ^ “Russian investigators probe KHL jet crash”. CBC News. (2011年9月8日). http://www.cbc.ca/sports/story/2011/09/08/russia-crash-lokomotiv-investigation.html 2011年9月8日閲覧。 [リンク切れ]
  25. ^ “Дмитрий Медведев почтил память погибших в авиакатастрофе под Ярославлем” (ロシア語). Presidential Administration of Russia. (2011年9月8日). http://kremlin.ru/news/12609#sel=21:1,27:26 2011年9月9日閲覧。 
  26. ^ Commission Regulation (EC) No 1144/2009 of 26 November 2009 amending Regulation (EC) No 474/2006 establishing the Community list of air carriers which are subject to an operating ban within the Community”. Eur-lex.europa.eu. 2011年9月8日閲覧。
  27. ^ Kaminiski, David (2011年9月9日). “Yak Service had come under EU safety scrutiny”. FlightGlobal. http://www.flightglobal.com/articles/2011/09/07/361710/yak-service-had-come-under-eu-safety-scrutiny.html 2011年9月9日閲覧。 
  28. ^ “СПИСОК экипажа и пассажиров, находившихся на борту воздушного судна Як-42” (ロシア語) (プレスリリース), Ministry of Emergency Situations, (2011年9月7日), オリジナルの2011年9月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110908232950/http://www.mchs.gov.ru/emergency/detail.php?ID=509641 2011年9月7日閲覧。 
  29. ^ a b “Medvedev Orders Airline Overhaul After Lokomotiv Yaroslavl Tragedy”. Moscow Times. (2011年9月9日). http://www.themoscowtimes.com/mobile/article/medvedev-orders-airline-overhaul-after-lokomotiv-yaroslavl-tragedy/443467.html 2011年9月9日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ “Yaroslavl crash survivors to be flown to Moscow”. Voice of Russia. (2011年9月8日). http://english.ruvr.ru/2011/09/08/55856163.html 2011年9月9日閲覧。 
  31. ^ Хоккеист «Локомотива» “Галимов скончался в больнице” (Russian). Interfax. (2011年9月12日). http://www.interfax.ru/news.asp?id=207443 Хоккеист «Локомотива» 2011年9月12日閲覧。 
  32. ^ “Russian ice-hockey plane crash survivor dies”. RIA Novosti. (2011年9月12日). http://en.rian.ru/russia/20110912/166773461.html 2011年9月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]