ヤロスラフ・コチアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤロスラフ・コチアン
Jaroslav Kocian 1901.png
ヤロスラフ・コチアン(1901年)
基本情報
生誕 (1883-02-22) 1883年2月22日
出身地  チェコ
死没 (1950-03-08) 1950年3月8日(67歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト作曲家・音楽教師
担当楽器 ヴァイオリン

ヤロスラフ・コチアンJaroslav Kocián, 1883年2月22日1950年3月8日 )はチェコヴァイオリニスト作曲家・音楽教師。

略歴[編集]

プラハオタカール・シェフチークに師事し、ヤン・クベリークと並んで「“シェフチーク楽派”の俊英」と呼ばれた[1]。演奏家としては、J.S.バッハヴァイオリン作品の解釈で名高い。レコードはヤン・クベリークがグラモフォン、ビクター系・オデオン、フォノティピア系に大量に録音をしたのとは対照的に、ヤロスラフ・コチアンはCOLUMBIA-PHONOGRAPHに3枚1903年にのみ録音をした。古い録音で機械式吹込み法時代のSP盤しかなく、プレスは大量にされているのだが滅多に見掛ける事がない。サラサーテやヨアヒム、ヤン・クベリークの様にLPやCDに復刻されていない為、研究者や旧盤レコードの収集家からは現在も注目されている。教育者としては、長年プラハ音楽院で教鞭を執り、ヨセフ・スークらを育てた。スークは恩師のヴァイオリン作品を録音している。

[編集]

  1. ^ Jaroslav Smolka: Malá encyklopedie hudby. Prague: Editio Supraphon, 1983, p. 331