ヤルモ・レーティネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤルモ・レーティネン
2013年、シトロエン在籍時代のレーティネン
2013年、シトロエン在籍時代のレーティネン
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1969-01-03) 1969年1月3日(52歳)
WRCでの経歴
活動時期 1997年 -
所属チーム フォードスバルシュコダシトロエン
出走回数 178
チャンピオン回数 0
優勝回数 15
表彰台回数 71
ステージ勝利数 263
通算獲得ポイント 1192
初戦 1997 ラリー・フィンランド
初勝利 2006 ラリー・オーストラリア
最終勝利 2012 ラリー・イタリア・サルディニア
テンプレートを表示

ヤルモ・レーティネン:Jarmo Lehtinen、1969年1月3日 - )は、フィンランド出身のコ・ドライバー。コ・ドライバーとしての歴代出場最多数はダニエル・エレナに次ぐ5位。

経歴[編集]

ラリーファンであった父の元に生まれる。

1997年よりWRCデビュー。2002年より、ミイカ・アンティラと入れ替わる形でミッコ・ヒルボネンのコ・ドライバーを務める。ドライバーズタイトル獲得こそは無かったが、フォードに在籍していた2006年と2007年にマニファクチャラーズタイトル獲得に貢献した。

2014年にヒルボネンが引退して以降、トヨタのスポーツディレクターに就任していたが、2017年のラリー・ドイチュラントの後にユホ・ハンニネンのコ・ドライバーであったカイ・リンドストロームが就くことになったため辞任している[1]。2018年から再び活動を始め、新井大輝テーム・スニネンとコンビを組んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ Tommi Mäkisen johtamassa Toyotassa yllätyskäänne: urheilutoimenjohtaja lähtee”. 2017年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]