ヤルマル・シーラスヴオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤルマル・フリドルフ・シーラスヴオ
Hjalmar Fridolf Siilasvuo
Siilasvuo Raatteen tiellä2.jpg
戦況説明を受けるシーラスヴオ大佐(右)
生誕 1892年3月18日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国 ヘルシンキ
死没 1947年1月11日
 フィンランド オウル
最終階級 中将
テンプレートを表示

ヤルマル・フリドルフ・シーラスヴオ(Hjalmar Fridolf Siilasvuo, 1892年3月18日1947年1月11日)は、フィンランドの軍人。最終階級は中将。

1934年、北エステルビョッテン軍区司令官に任命。冬戦争時、 スオムッサルミの戦いで、寡兵でソ連軍の約2個師団相当を包囲殲滅した、国民的英雄。継続戦争では1941年、III軍団長に任命され、同年6月、ノルウェー駐留ドイツ軍の作戦指揮下のもと、北極狐作戦に参加して、クーサモ、スオムサラミから、ムルマンスク鉄道を遮断するべく攻撃作戦をおこなった。1942年~1944年、教育総監。1944年、III軍団長に再任され、カレリア地峡(ケクスゴルム方面)に展開し、ヴオクシン水系を防衛した。1944年中盤、ドイツ特務機関がフィンランドでの軍事クーデターを計画した時、シーラスヴオはその総司令官候補と見られていた[要出典]

ソ連との和平条約署名後、1944年9月末、ラップランド軍(約7万5千人)司令官に任命され、ラップランド戦争ではドイツ軍と戦った。同年10月、攻勢を開始し、11月20日までに国境線まで進出した。1944年~1947年、第1師団長。